エクリプス期間、ご縁について考える

今月はEclipse Monthといって、日食&月食のエナジーに加えて、 水星も絶賛逆行中という忙しい月。

ものすごくストレートにその影響を受けて、6月末からズーンと落ち込んでいた私。

スーパーブルー。超弩級のブルー。

だからか、自然といろんな石のパワーを借りていたのだろうな。

Screen Shot 2019-07-14 at 07.06.02.png

今週末やっと、本当にやっと水面に浮上してきた私のエナジー。

ブルーだった時にビンビン届いてたメッセージがTransformation。変化、変身。

イメージとしては蛇の脱皮だとか、セミの抜け殻みたいな、そんな変身。

するっと皮が向けて変身するステージを経て新しい状態で出発する、そんな感じ。

 

そんなわけで今月、我が家に縁あってレスキューに来てくれた石は5つ。(!)

といっても、今月はまだ2週間以上あるのでまだまだ増えるかも?!

しかし、それだけじゃない。

昔から持っている、家族から受け継いだ石の入ったジュエリーたちのパワーも全部借りてた。

 

でね、どれをどう着けたり、どれをどこに置くと今の私に対して効果が抜群なのかな〜って思うことがあり、直感は当然のことながら、前ポストで紹介したStone Deckという天然石のカードを参考にしたり、ググったりしてたんだけど、他にも面白いやり方を見つけたよ!

Youtubeでタロットやオラクルカードを使って、天然石に質問してみようというのがあって、面白そうだからやってみた。

その人は新しく購入したカードデッキに問いかけていたんだけど、天然石でもやってみると面白いですよ〜って言ってた。

ので、すぐやってみる私。

こういうところ、フットワークが超軽いです、私。

それぞれの石に「私のところへどうして来てくれたのか?」とか色々尋ねるんだけど、皆一様に「何か」を助けるために来てくれたらしく、思わず感動。

その「何か」が、購入したタイミングで複数の石たちで微妙に重なっていたり、またまた家族から受け継いだものの、ここ最近ピンと来なくて着けてなかったものとかは、ちょっと前のフェーズで体験してたテーマを助けてくれてたとわかったりもした。

「あ!だからあの時たくさん着けてたのか!」みたいな驚き。

一つずつ、ありがとうね〜!!!って言いながら石を撫で撫で。

そんな訳で、現在のエネルギーにマッチするコンビネーションを決めやすくなったよ。

 

それにしても波動って面白くてね〜!

天然石って元々波動が高いから、返答が凛としてるんだけども、試しにチャリティショップでゲットしたスカンジナビアのビンテージ木馬の置物(とても可愛い)に同じように問いかけても…鈍〜いレスポンスしか返ってこず。

木馬さんファミリー(大中小の三頭セット)、見た目は可愛いのでね、それでOKなんだけどさ。

タロットやオラクルカードをお持ちの方、面白いのでやってみてね。

Screen Shot 2019-07-13 at 21.53.11.png

私はこれを人でもやってみたのよ。

特に好きな人と嫌いな(苦手な)人を対象にやると面白いよ。

っていうのも、この人はなぜ私の前にこのタイミングで現れたのだろう?って思ったことない?

出てくるメッセージは、相手によっては潜在的で当事者は自覚がない場合もあるけれど、たとえどんなに嫌いだったり、苦手だったりする人であっても、「袖触れ合うも他生の縁」何か意味があるはず。

特に嫌いだとか苦手な人ほど、学びのクリアポイントがあり、それをクリアしないと、その人がいる場所や、その人そのものから逃れても、また別の場所、人たちと同じ学びを繰り広げることになるのだ。

私自身がそうなんだけど、苦しい時って俯瞰できてない時。

全てを自分の両肩で(自ら進んで)背負ってる時。

なんだよね〜。

そういう時はまさに地獄。

エクリプス月間の今月は、これを常にリマインドしてる。

 

Screen Shot 2019-07-14 at 07.14.28.png

Creating heaven on Earth. It’s happening. 

地球に天国を作る。それは起きている。

このカード好き。

これを引くと思い出すのが、1987年にヒットしたベリンダ・カーライルのHeaven is a place on Earth.

 

広告

エクリプス期間、ご縁について考える」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 境界、Boundary | 心が軽くなる!自分をもっと好きになる!·

コメントは受け付けていません。