その鼻水、鼻炎、副鼻腔炎も実は…

いや、体ってすごいよ。

全身の細胞を使って、心が感じてることを表現しようとする。

ほら、心配事や嫌なことがあった時、またはこれからやらなくちゃならない時、お腹が痛くなった経験は誰でもあるでしょう?

それそれ。

私、実はすごい鼻水さんでした。

季節を問わず、外出するとティッシュが手放せなかった…

鼻水が喉の奥に溜まり痰のようになる、そう!蓄膿みたいになってた。

といってもお医者さんにかかるほどヘビーではなく、軽く慢性って感じ😆(って、こういうのが一番厄介よ、実は。)

そうね、多分8歳ごろからずーっとこうだったし、こんなもんかーって思ってた。

でも、たまに鼻をすすると、すごい音を出して「ギョッ」とされることもあったなぁ😓

ところがこれ、私が何かに100%夢中になってる時は全く起こらなかった。

そこで、エネルギーヒーリングと出会ってから、「いっちょ試しにやってみるか」と癒したら鼻がカラッと。

私の鼻の症状とリンクする感情を出してあげたら、カラッと。

鼻がドライってこんなにスッキリなのねって😍

ちなみにお鼻のトラブルが多い人は、お母さんまたはお父さん…、いや、お母さんだな、お母さんに甘えさせてもらえなかった、もしくは甘えたかったのに甘えられなかった、もしくは、いずれかそのように思い込んでる人が多いよ。

月星座が山羊座の私は、伝統や本物が心の拠り所。イギリスに住んでると楽。こういう古いものがそこらじゅうにあるんだから。

これはSt Dunstan in the East Church Gardenという教会跡。St Dunstanはグラストンベリーアビーでも修道士を勤めたことがある人らしく、何となくあそこと同じエネルギーがする。

オフィス街の真ん中にポッとあるクリストファー・レンの手も加わってるこの遺跡、この日は寒いのにおじさん二人が朝からビール飲んでました😆 そういうのが必ずしもトラブルというわけじゃないけれど、ちょっとした遺跡公園だから死角も多いので暗くなる前に行くのがおすすめですよ。

IMG_9330.jpg

IMG_9331

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

ジモモ ロンドン

広告