綿々と続くストーリー

私は、宇宙だとか過去世だとか異次元の話が好き!

なぜなら面白いから!😆

面白いじゃない?いつかどこかで白いローブを纏ったおっさんでした〜とか、いつかどこかで馬に乗ってました〜とか、いつかどこかで肝っ玉かあさんでした〜とか、面白くない?!

でもカルマとか運命とかいう言葉はイマイチ合わない。

依存の匂いがプンプンする。依存するのがダメとかじゃなくて、それを利用して(依存して)やらない、開花しない方向に持っていくのが性に合わない😆

 

例えば、「本当はやりたくないけどやらなくちゃいけない。これは私のカルマなのよ」とか今のこの世のあなたの気持ちを押し殺してる時の言い訳になってしまってる時。

カルマだとか過去世というものに依存して、現在の自分のポテンシャルを開花させないでいる。

ずーっと古より続く魂のストーリーというのは確かにあるけれど、決して今の自分の足枷にするためにあるんじゃない。

これ、私の経験なんだけど、父が亡くなった知らせを受け取った頃、私はまだまだエネルギー的に鼻づまりだったのね😣 ま、20代半ばだったし…😝

そんな私に当時近所に住んでた人が「これは完全にトラウマになったわね」って言ったの。

その人はそうやって慰めてるつもりだったけど、今思うと「勝手に決めんなやぁ」って感じよね😝

でも当時の私はその言葉に依存してしまった。

依存してしまったっていうのは、意図的に自分のポテンシャルが開花するのを遅らせることにしたってこと。

誤解しないでね、その人を責めてるんではないから。

その人もその人の課題がある、私やあなたと同じ成長中の魂だし、何よりもその時のその人は精一杯慰めてくれてたのよ!!

だけどすご〜くジャッジメントの詰まったフレーズよね、「完全にトラウマになった」って過去形だもんね。「なんでわかるねんっ!」っていう話よ。

今の私が当時の私の隣にいたら、何と声をかけただろうか?って考えるわけ。

きっと言葉が多い私だから色々言ってしまうだろうけど😆、兎にも角にも「大丈夫だから!」って言うよね。

 

もしあなたが「パッとしないなぁ、マイライフ…」って感じてたら、どこかで誰かの言葉に惑わされなかったかどうか、ちょっとチェック。

もちろん惑わされたのは自分だけど、惑わされることで意図的に自分のポテンシャルが開花するのを遅らせてないかチェック。

これも前のポストにも書いた、Self-Sabotageの一つ。

一番自分の足を引っ張ってるのはいつも自分なんだ😣

 

前のポストで紹介したジュエリーつけてまーす。

IMG_1108

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

ジモモ ロンドン

広告