涙でONになる、あなたのスイッチ

やっぱり涙のパワーってすごい!老若男女問わず、やっぱりセッションという器の中で、やっと泣くことができたという人も多い。

もちろん、普段から「泣くのはOK」な人もいるけれど、自分の癒されたいことでダイレクトに涙を流していない場合が多かったりする!

自分の癒されたいこと=自分のストーリーなんだけど、例えばフランダースの犬みたいに悲しい話を読んだり…(←子どもの頃の私😭)、とにかく「泣かせてくれる」場所(それは自分以外のストーリー)を探している感じ。

でも、やっぱり自分のストーリーで流す涙と、架空もしくは他人のストーリーで流す涙は成分が違う😏ダイレクトに流す涙には解毒作用があり、本当の自分が出て来る。

ところで占星術で遊び始めてから、より明確に大いなる流れを感じるようになったんだけど、惑星の中でも次の4つは、めちゃくちゃ移動に時間がかかる、いわば重鎮クラス😄で、個人というよりも世代や時代的な影響も大きい。

例えば土星は軌道を一周するのに29.5年かかり、一つのサインを2.5年かけて通過する。

ちなみに水星は、軌道の一周は88日しかかからず、一つのサインなんて1週間から2ヶ月半という短いスパン😆

だからこの土星のスピードがいかにゆっくりしたものかわかるよね。

だからこそ個人よりも全体として時の流れの中にテーマができるて当然。

他にも、天王星は84年かけて軌道を一周、そして7年かけて一つのサインを通過、海王星なんて164.82年で、一つのサインは14年、冥王星に至っては248.54年!!かけて軌道を一周し、12〜32年かけて一つのサインを通過する。

ってことは、やっぱり時の流れの中でテーマは変わって行くのが自然なこと。

そしてそれらのテーマは、私たちがより成長、拡張するのをサポートしてるはず。

例えば、私が子どもだった頃、テレビドラマやアニメは暗い設定が多かった。

例えば、幼くして母と生き別れたとか、天涯孤独という設定だとか、養子に行った先でことごとくいじめられて素敵な旦那さんを見つけるとか😑

そしてそれをめちゃくちゃすごい数の子どもも大人も見て涙したりしてたわけよ。

やーね、暗い😑

でも最近はそういう設定の映画やドラマってウケないじゃない?!

時代が変わった!

重鎮クラスの惑星もゆっくりとだけど確実に移動してるもの、自然な流れ。

だから最近は、たとえ天涯孤独の身であっても軽くて明るく「なんとかなるのよ〜」って思わせるような設定。

だからこそ、言いたい。まだ泣き足りない人、早く自分のストーリーにダイレクトで泣こう!

涙を出し切った時、本当に癒された時って、外にストーリーを探しに行かないもの。だってストーリーの主役はあくまで自分だから。

自分のストーリーを生きるために、その涙を流し切ろう。

涙は、 あなたのスイッチをオンにする! 😄

 

本もテレビも全てヒント。

IMG_1002.JPG

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

ジモモ ロンドン

広告