見た目の持つパワー、あなたの気分が上がること

友だちがFBにこんなポストをあげていた。

「I wanna be 14 again and ruin my life differently. I have new ideas.」

「また14歳になりたい。そんでもって今度はまた違ったやり方で私の人生を破壊したい。新しいアイデアがあるのよ。」

思わず笑ってしまった。やっぱり14とか15歳って、Destructive(破壊的)なイメージであるんだなぁ、誰にとっても。

実際のところはさ、わからないものね。でも、私もそうだけどやっぱり「あ”ー!!」っていうね、濁点付きの「あ」で表現しちゃうもの。

でもきっとそれでいいのだ。

それがヘルシーなんだわ。

 

こちらのポストのも書いたけれど、見た目の持つパワーは甚大だ。

見た目をバージョンアップすると、一番上がるのは自分自身の気分だ。

そこでやっぱりそれぞれの個性が大切になってくる。

だって人によって気分が上がることって違うじゃない?

自分の気分が上がるっていう視点からバージョンアップするの。

そうやって気分をあげる活動をする「私」の裏で、気分を下げようとする「私」もいて。

その下げようとする「私」は、いろんな嫌な思い出を走馬灯チックに「ほーれほれ〜、やっても無駄だ」とばかりに見せつける!

もちろん、そうやって追い越し追い越され的に頑張るのも一つだけど、それは疲弊する。

だからこそのエネルギーワーク、それでその気分を下げようとする方の「私」を癒してあげるんだね。

辛い人っていうのはさぁ、自分に素敵な格好させてあげよう!みたいな気分にすらなれない。

だからすごいことなんだよね、自分を素敵にしてあげよう!って思えること自体。

「あ〜、私、こんなに素敵だったんだ」

「あ〜、私、こんなに素敵になるんだ」

「あ〜、私、もっと私を素敵にしてあげよう」

もっと素敵になって良いんだよ〜!って、自分を解放してあげる、そんな新メニューもできました。

新メニューはこちらからご覧いただけます>>>>

新メニューの詳しい紹介は次回しますね。

 

 

ちなみに、私の気分が上がるアクティビティは、ギャラリー巡り!

IMG_0308.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

ジモモ ロンドン

 

広告