エネルギーが変わるとは菌のフォーメーションが変わること!

さとうみつろうさんのこのポストを読んで、ハッとしたことがある。

そう、菌だ。

菌はPathogensとしてボディーコード でも頻繁に扱う。

彼のポストには食を変えると性格が変わると書かれていた。

私は性格(エネルギー)が変わると食べたいものも変わると感じてる。

どちらが正しいというよりも、どちらからアプローチするのが「あなた」に合うかっていうことで、基本的に同じことだと私は思ってる。

さて、私がこうやって心や体を見直すきっかけとなったのは、もう10年になるけれど、ものすごく体調を壊して(発熱、嘔吐、下痢がほぼ2週間続いた)、当時は勤めていたのだけど、1ヶ月休まざるを得なかった時。

イギリスにいたから、これらの症状でお医者さんにかかれず、(イギリスでは持病が無い限り30代は特に発熱、嘔吐、下痢ではお医者さんと予約がとれない)出るものは出るままに自然にデトックスしてほぼ自然治癒した。

この経験から、「だめだ!食生活を見直さないと!えらいことになる!」って思ったのが今に至るきっかけ。

そんな訳で私もいろんな食べ方をトライしてきて、現在は基本的に何でも食べるけれど、もちろん体に良いものを選んでるし、幸い元から甘ったるいジュースドリンクやファーストフードには縁も無いから、まぁまぁな私の食生活。

でも一時はグルテンフリーだとか糖質制限だとか、ベジタリアンだとか、いろいろ試してた。

私の心のワークと並行していたから、どっちが先なのかわからないけど、自分のエネルギーが変わるごとに食べたいものや食べ方も変化していったのは事実。

自分のエネルギーが変わるって私はブログやセッションでもよく言うけれど、それってこういうこと。

自分のエネルギーが変わる=自分の菌のフォーメーションが変わる

私たちっていっぱい菌を持ってるじゃない?ちょっとチームプレー的なスポーツのチームを想像してみて。

エネルギーワークをすると自分のエネルギーが変わり、別にスピリチュアルな人じゃなくてもセッション後は「なんか体が軽いです」だとか、何らかの「変わった」感を感じられる。

それは気のせいではないのよ。それは生理的に(Physiologically)変わったからだといつも話してきた。「つまり、新しいあなたなんですよ。」

で、生理的に変わるって、この菌のフォーメーションが変わる感じ。

 

例えば、好きな人が変わると嗜好が変わるっていう人いるでしょ?あれって、パートナーが変わると菌も変わるからなんじゃないかと思う。パートナーが変わる、変えるっていうのもエネルギーワークだもんね。

 

で、エンティティ=菌。

エンティティっていうのは実態の無い存在と訳されるけれど、捉えにくいよね?おばけだとか、悪魔として捉える人もいるかもしれない。もちろんそれもアリ。

ただ、おばけだろうが悪魔だろうが、基本的に菌と同じ働きをするのよ。

みつろうさんのポストにも、腸内細菌があなたを「砂糖」へ向かわせてるってなことが書かれてる。

これはボディーコード でカビが検出された人に「甘いものはお好きですか?」と聞くと「はい!!」という返事が帰ってくるのと同じ。そして「じゃ、ちょっと控えましょうね」からの「げっ!」っていう会話が続く。

カビのバランスが崩れてる人が砂糖をいっぱい含んだものを摂取すればするほど、ぼーっとする。ぼーっとすればするほど、カビ側としては操縦しやすいよね。

私もカビのバランスが崩れて「カビ過多」になると、異様に砂糖が欲しくなった経験がある!

イギリスで売ってる砂糖をまぶしまくったドーナツとかが、とても魅力的に感じられ、喉から手が出るほど欲しくなったんだよね。その時点で「おかしいな」よ。だって私、元々ああいうドーナツ好きじゃないもの。

甘いものは欲しくなるけれど、そういうのんじゃないんだな。もうそこまで猛烈にカビに乗っ取られることはないこの頃だけど、突然発作的に甘いものを欲する時は「はっは〜ん、カビじゃな」って気づいて調整してる。エネルギーワークをして、それから住まいの脱カビに取り掛かる。

要するに菌は体を乗っ取って操縦し、己にとって快適に過ごそうとするわけだ。例えば映画で悪霊がついた人を助ける、みたいなのあるじゃない。あれも、基本的にこの腸内細菌と同じことしてるよね。

宿主の魂を乗っ取って、本人にとって破壊的な行為や他人に迷惑がかかる行為をやらせようとする。悪霊と捉えるのか、菌と捉えるのか、どちらでも良いけれど、私の対応はどちらでも同じだ。

アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症も、そういう「依存させて孤立させよ」みたいなミッションを帯びた菌に操縦されまくってる感じ。

で、これが引き寄せの話にも繋がる。

私たちが持ってる菌って、菌同士コミュニケーションがとれる!って聞いたことありませんか?例えば、誰かに惹かれる時もそう。それは菌の相性が良いってことで、それを説明できないから本能的に惹かれあったみたいな話になる。

でね、運を運んでくれるのは人じゃない?だとすると、人に菌はついてるから、やっぱり菌同士が引き寄せてる。無菌状態って動きがないものね。

無菌状態って無表情じゃない。

無表情って無感情。

だから菌のフォーメーションってあなたが作る感情とも密接にリンクしてる。

ボディーコード では基本的に感情のエネルギーを使って調整する。そうすることで全体のエネルギーが変わる(つまり菌のフォーメーションが変わる)から、行動も変わるんだよね。

 

そしてそこから自己肯定感の話になる。

私はサノビブでヒーラーをやっていた時、たくさんの自己免疫疾患を持つ患者さんたちとセッションをしたんだけど、その根底に必ずあるのが低い自己肯定感だったのよね。

この低い自己肯定感と菌に乗っ取られる感については長くなるのでまたの機会に。

IMG_0535.jpg

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村

 

 癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

 

 

 

 

広告