私の選ぶ基準「好きこそ物の上手なれ」

かかりつけの歯医者さんと私にとっては初めてのクラウンを装着する計画を進めてる。

それにしても、やっぱり信頼できる歯医者さんってありがたい。

私の場合、お医者さんと美容師さんは「この仕事が好きでたまりません」っていう人に最終的に落ち着く。

好きこそ物の上手なれ、やっぱりこれが私が選択する基準。

そこが全て。後はなんとかなる。

 

それでね、転送先の大学病院の先生からは「ゴールドがいいよ」と言われたけれど、口を開けるたびにギラ〜んっ!と光ったら嫌だなぁ、でも歯が抜けるまで口の中に持ち続けるなら体に優しい素材が良いし・・・と悩んでいた私。

するとかかりつけの歯医者さんは、「ここ(診察の報告書)にはゴールドって書かれてるけど、」と前置きしながらジルコニアセラミックを勧めてくれた。

位置的にNHSだとメタルのクラウンになるらしく、やっぱりここはプライベート治療になるみたい。

もうファインジュエリーを購入する気分だ。(ファインジュエリーなんて買ったことないけど。)

ジルコニアって人工ダイアモンドしか思い浮かばなかったけど、人工であれ「ダイアモンド」を名乗るぐらいだから強度もあるんだろうなと理解。

帰宅後パソコンでググると、今をときめくジルコニアって感じでかなりの好印象を受けた私。

すぐにでも欲しくなった!(単純なO型。)

 

でも私の先生、しきりに「神経を失って根管治療」もしなくちゃならなくなるリスクについて語るのよ〜。

だから、ひょっとして「クラウンに大枚叩いても無駄なのになぁ」って思ってるのかなぁと思い、そう尋ねてみたら、リスクをきちんと説明しておかねば万が一の時に訴えられたら困るから言わなきゃならないんだよと言われた。

「私、先生のこと訴えたりするつもりはありませんけど」失礼なっと言いそうになったけれど、ぐっと飲み込み代わりに私が常日頃から感じてることを伝えた。

それは、万が一治療が思わぬ方向へ展開して「どうしてくれる?!」と訴えてみたところで、「その歯で余生を生きるのは私」だし、何事においても「私自身ベストを尽くして選択した結果」なら受け入れられると常々感じてるのよ私。

だからこそ私も「しつこく聞きますね!」というスタンス。

 

とにかく、こんな風に素晴らしい先生はたくさんいる。

大切なのは、妥協しないで巡り会えるまで探し続けるぞ〜!っていうこちらのガッツだと思う。

 

sun.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

 

 

 

 

 

 

広告