モヤッとする時は自己肯定感を底上げするタイミング!

最近、この記事を読んでいて、本当にその通りだと思った。

そこには「対等に付き合える人と付き合おう」的なことが書かれている。

だけど、これを読んで苦しく感じる人もいるかもしれないなぁと思った。

例えば、かつての自分とか。笑。

 

彼女の記事は、私が前ポストに書いた「全ての悩みや症状に共通すること」をクリアしてないと、

モヤっとしてしまって体験できない気がする。

かつての私だったら、モヤっとして終わった気がする。

 

かつての私は、今よりも、も〜っともっと自己肯定感の揺れ幅が広かったから、

そういうバランス感覚だった。

そう、自己肯定感ゼロの人なんていない。

皆、(ゼロに近い)極めて低いポイントと極めて高いポイントの間を常に往復してる。

だからかつての私もそれらのポイントを往復しながら、

私なりに全ての関係において「対等な関係」を築こうとしていたのよね。

自己肯定感の揺れ幅がすご〜く広かったから、その揺れ幅のままに築こうとしてた。

つまり、私自身が揺れ幅がすごく低いところにある時には、

同じく揺れ幅のすごく低そうなところにある人を対象に、

「これなら対等だ」と関係を築こうとしてたということ。

もちろん、無意識よ。

でもすっごく上から目線よね

 

で、振り子は常に動いてるので・・・・・・・・、

今度は高いところへ振り子が移動した時に、

「何で私がこんな思いしなきゃならないのよ!」って腹が立ってくるわけだ!

 

そう、自分勝手。

 

こうなってくると相手からしたら、この私のバランス感覚ってもう理不尽でしかない。

こういう時に、そういう私が選ぶ相手っていうのも、

これまた同じようなバランス感覚なので、

私自身の体験もまた同じような体験になるよね、必然的に。

 

だから、ある意味私たちは常に対等に付き合える人と付き合ってるんだなぁ。

 

そういうこと。

 

つまり、やっぱり自己肯定感の底上げが鍵なのねー。

 

だから冒頭の田宮さんのあの記事を読んでみて、ザワッとしたり、ピンと来ない人、

それは「あなたの自己肯定感のバランスを先にチェックした方が良いよ〜」っていう合図。

 

私たちは常に新しい変化し続ける存在だから。

前から書いてるけれど、全てのメソッド、情報は大体、同じことを言ってる。

そして、それぞれの人たちが正しいと思って、皆のためになると思って提供してる。

ただ、全ての人の「今」に対応するようにはできてない。

やっぱり、その時その時に合わせて選ぶのはこっち!

そう、やっぱり「わたし」が基本なんだなぁ。

っていことで、自己肯定感の底上げ・・・に話が戻ったところ。

ビバ・マイルール!

 

というわけで、今日はヨガに行きたくないから行かないぞー!って決めた。

決めたらワクワクしてきた。

例のメンバーシップですが、若干私の解約が早かったらしく、

「ごめん、引き落としができなかったから、キャンセルするね」と通知がきた!

いや!全然ごめんじゃないよ!むしろ万歳。

やっぱりメンバーシップがあったからーって、

行きたくない時でも無理して行ってたんだな、私。

会員の方がお得でも、やっぱりマイルール優先。

行きたい時に行くのがベスト。

9月は自己肯定感底上げ期間にしよう!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

ジモモ ロンドン

広告