戦闘モードで生きてる人へ

そうそう。

私、ずーっと戦闘モードで生きてきた人だからしんどかったよねー。

 

あくまで私のキャラクターやパーソナリティだから・・・っていうところで書くけれど、

そんな戦闘モードの私の時って、いろんなことが100%楽しめなかった気がする。

さてさて、戦闘モードってどういうことか?

これから書くこんな気持ちが「わかるー!」ってい人は、あなたも戦闘モードで生きてるってことだよ。

そ・れ・は・・・・、

私の場合、それは常にジャッジされる環境下で生きるということだった。

「これしたら怒られる」っていう黄色信号がピコついてる人、

「ちゃんとしなくちゃ!」っていう、自分はちゃんとしていないという前提がある人は、

皆そうだよ〜。

 

 

学校、職場、家庭においても、

この、常にジャッジされているという前提があると、気が抜けない。

何を目にしても、何を言われても「これは良い、これは悪い」って、

たとえ親や同僚、クラスメート、先生から言われていようと、

最終的には自分の篩になってるから関係ない。

戦闘モードってとにかく、そんな風に常にジャッジに晒されている状態。

 

私は長らくこの戦闘モードが解除できなかった。

だから、家に帰ってくる頃には、その日の戦い(ジャッジメント)の結果からボロボロになってた。

でも家の中には家の中で、別の戦いがあったから、またボロボロになっちゃうのよね。

戦闘モードが解除できるのはトイレの中ぐらい・・・って言いたいところだけど、

トイレの使い方においてもジャッジされることがあると、

もう休戦状態に入れなくなる。

 

 

私の場合、きっかけは親の「あ〜あ」っていうエネルギーだった。

「どうしてこんなこともできないの。」とか、

「ちゃんとしなさい。」と言われ続けて、

いつの間にか、この世に存在することが、もはや戦いになってしまった。

 

通ってた小学校の先生もそういうアプローチの先生が多かった。

例えば音楽の先生。

その先生は授業の終わりに、子どもたちを「良い子ちゃんポーズ」に座らせて、

それに良し悪しを、つまり点数をつけて良い点数の人から教室を出られるっていうスタイルを持ってた。

これ、子どもなら頑張って背筋伸ばしてアピールしちゃうよね?!

次の休み時間が長い目の休み時間とかだったら、子ども必死になるよね?

特にその先生との授業が苦痛で退屈なものだったら、必死で背筋伸ばしてそこから脱出しようとするよね?

 

 

もちろん、先生をやったことがあるから私にもわかる。

そうすれば先生が楽なんだよね。

大人が楽なんだよね。

 

 

でも、そこからガッチガチの戦闘モードに仕立て上げたのは・・・・私なのよ〜。

だからって、「私が全部選んでるんですっ!わかってるんです!」って言ったところで・・・・、

ピッと車線変更、ギア変更、方向転換、言い方はいろいろあるけど、

とにかく、サッと切り替えができるなら良いけど、

私の場合は、そうは行かなかった。

なぜなら、そこへ行き着くまでに下ろす荷物が(たんまりと)あったから。

 

 

ヒーリングはその「下ろすべき荷物」に気づかせてくれるツールだ。

気づき=荷を下ろすってことなんだよね。

ヒーリングって対処療法ではない。

もちろん、受けて大抵の人が速攻楽になる。

でも、前ポストにも書いたように、「今まで重荷だと感じてなかった荷物の存在」に気づき、

それをしんどくなったと捉える人もいる。

だって、今まですっごい重たい荷物を背負ってて、それが普通だと思ってて、

ある日突然、「それ下ろしても良いんですよぉ」って言われたら、ちょっとショックよね?

そんな人は、そのショックっていう感じることの中に、また気づきがある。

チャンスなの。

だから、しんどくなった人には基本的に継続して受けることをおすすめしている。

もちろん、自分のスピードでね。

ちょっと休憩してからまたトライしてみると良い。

どちらにしても、それは本人が決めること。

 

気づくことで何かが変わるし、全てが変わる。

 

 

もちろん、その荷物を背負ったまんまでも良い。

それはそれで良いと思うの。

それがその人の選択だし、そうすることでその人に何か気づきがあるんだろうからさ。

荷物があろうが、なかろうが、進めるし。

 

ただ、どっちがあなたにとってベストか?

そしてそれはあなたにしか分からない。

とにかく・・・・・、

好きなことしよう!楽しいことしよう!

 

 

ヨガへ行く途中の公園で見つけたスポット。
 
1枚目に、私が見つけたハートの空間が見える??
 
この後、ヨガをサボったよ。😆
 
戦闘モードだった頃の私は、サボれなかった。
 
よくやったぞ私!!

IMG_8113.JPG

 

IMG_7384

 

イギリス・ロンドンで受けるボディーコード(エモーションコード)の対面セッション

私が時折セッションをさせていただくメキシコのサノビブ医療センターでも正式に採用されて いるエネルギーヒーリング、エモーション&ボディーコードを使ったセッションでは、あなたがずーっと握りしめて来た未消化の囚われた感情をあなたの心と身体から解き放ちます。そうすることで、あなたがこれまでに気づけなかった選択肢に気づき、実際の行動が変わり、人生をアップグレードさせていくのをサポートします。
ボディーコードについてはこちらから>>>>
ご予約・お問い合わせはこちらから>>>> 
もちろん、イギリス国内そして海外からもスカイプセッションが受けられます。
ご予約は上記リンク先より。



イギリス、ロンドンで日本語で受けられるアクセスバーズ講座

開講日・詳細はこちらから>>>>>
新しい日程追加しました!(リクエストも大歓迎です。)
こんな経験したことありませんか?
すごく良いトリートメントだとかセッションを受けた時、
「うわぁ!これ皆に教えてあげようっと!」
私たちは、自分自身が何か素晴らしい体験をすると、それを大切な人たちと分かち合いたいと感じます。
その根源にあるのは愛、これはとても自然なことです。
あなたがもしアクセスバーズを体験してそんな風に感じたなら、このクラスを受けてみませんか?
バーズに限らず、他のヒーリングでも構いません。
普通、ヒーリングツールというのは取得が大変そうに感じられるもの。
でもアクセスバーズの場合は、約8時間の講習を受ければ、とてもパワフルなこのツールをあなたもマスターできます。
ヒーラーやセラピストである必要はありません。これまでにヒーリングをやったことが無くても、丁寧にお教えします。
もちろん、既にヒーラーやセラピストとして活動をしている場合は、バーズを新たにあなたのレパートリーに加えることもできます。

詳細やお申し込みはこちらから>>>>>
.
.
.
.


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

 

広告