やっぱり効いた・・・!

そうそう、ここのところ私の親知らずネタを忘れてたけど!

私は、ほぼ回復したと思ってる。

日本からロンドンに戻って、お世話になっているNHSの歯医者さんい行くと「かなり良くなったね!次は三ヶ月後においで。」と、先生もびっくりの口の開き具合。

診察室へ入ると、いつも通り座る前に「口を開けてごらん」と言われ、今回はカバみたくガバァッと開けると、「お!かなり口開くようになったねー!👍」ってハイファイブをしようと手を出され、私も一緒に👍ってタッチして、最後は「Please brush your teeth super clean for me.」と言われた。

懸念していた親知らずが密接にめり込んでた横の臼歯の虫歯も大丈夫そう。

それにしても、親知らずの無い奥歯って「こんなに磨きやすかったのか!」と目から鱗で。

これはもう絶対に虫歯にはならんだろうっていうレベルで磨きやすい。

本当に磨きやすい。

で、なぜそこまで、あの開かずの口、開かずの顎が開くようになったかというと・・・っていうのが本筋ね。笑。

もちろん一時帰国中に、食いしん坊の私はいろいろ美味しいものを食べて、顎の運動をしたからっていうのもあるけれど、

実は日本へ行く直前に開いたバーズ講座で、参加者とバーズを2回ずつやりあいっこしたのよね。

その翌日にマジックは起きていた・・・! 私の口が、それまでは2センチぐらいしか開かなかったのに、痛みはちょっとあったけど、

ぐお〜んってカバみたく開くようになったの!! それまでとは比べものにならない程度の痛みに、それまでとは比べものにならないレベルの開き具合!!

もう驚き!!やった!これで日本でも色々食べられる!と思った食意地の張ってる佳英子です。笑。

いやぁ、やっぱりバーズって心身の制限を簡単に取れるツールだよ〜って実感した。

バーズってシンプルすぎるぐらいだから、使ってないとそのすごさを忘れてしまうのよねー。

私自身も毎月開いてる講座で、お伝えしながら「そうそう、すごいんだよ、これ」って毎月再認識させてもらってる。

おかげさまで一時帰国してからはノンストップで、食いしん坊万歳。 そんなことしてたら、ロンドンへ帰る頃には、痛みも完全に取れてた。

人間、そんなものなのよねー!本当に体って正直だわ。

私はイギリス・ラブで、ロンドンもラブだけど、正直なところ、イギリスで当時の私が頑張ってまで食べたいものが私の場合無かったから、きっと口を開くモチベーションが低かったのよねー。笑。 それが日本だと、秋の味覚が満載だったから、あれもこれもになってしまって、顎を動かすしかなかったもの、痛くても。

最初は痛かったのよね、でも「そんなこと言ってられるかっ!」っていうレベル。笑。

いやぁ、楽しかったな。

そんなわけで、今は体も楽チンだー!

歯医者さんに行くたびに、毎度「ね、抜いてよかったと思う?」って聞かれるんだけど、本当に抜いてよかったよ親知らず。

だからいつもそう答えてる。

(さ、週末のジュエリーメイキングのワークショップでは、はしゃぎながら参加者の方々も宿曜オラクルカードを引きました。やっぱり・・・っていうところ、へぇ〜!っていうところ、色々インスピレーションをもらいましたよ〜。面白いシンクロもあったしね。カードってやっぱり色や絵柄があるから楽しいよ。次回のジュエリーメイキングは12月17日、日曜開催です。リピーターも歓迎です。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今年最後のロンドンでのアクセスバーズ1日講座は12月16日、土曜日です。 お申し込みはこちらから>>>>>個人コンサルティング&メニューのページに新メニューを追加しました。以前から、カジュアルにやらせていただいていたこともメニューとして追加しています。までの個人セッションの詳細は変わりませんが、新しい内容も追加しているのでご覧くださいね〜。

癒し・ヒーリングブログランキングへロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ ロンドン

広告