弱みを見せること

恥ずかしいっっ!!!

って感じることありませんか?

 

 

私はね〜、年とともに減ってきたけれど、まだまだある!

以前も最強に恥ずかしいっ!っていう出来事がありました。

詳細はどーでもいーから省くけど、

その時に、自分の慌てぶりが尋常じゃなくて、どうしたの?って。

 

でね、これは若干の個人差があるから、

あくまでも私バージョンってことでお読みくださいね〜。

 

では行きます。

私にとってズバリ恥とは、

無防備でいること。

なのよ!

 

そんな昔のお侍さんみたいなこと言うて・・・。

って思う方もいらっしゃるかもしれない。

でも、本当にそう。

 

無防備でいること=恥

弱さを見せること=恥

 

でね、どういう時が無防備・弱さなのかっていうとね、何かに集中してマイワールドにいたり、心身が弱ってたりする時。

でも、それってある意味それって、私そのものちゃうん・・・・?

それが恥につながるとすると、

めっちゃしんどいやん・・・。

 

 

でね、これって、私の魂がまだ動物だったころにまで遡れそうなのよ。

それは例えば私が小さいころから好きな草食の偶蹄類、シマウマとかだったころよ。

そのころに自分の群れが移動したのに気づかず、ソロでご機嫌に草をハムハムしてて、

気づいたらライオンに囲まれてたよっ!みたいな、

そんな時の、Fight Of Flight(戦うか、逃げるか)っていうシチュエーションで、

身体中をアドレナリンが駆け巡るような、そんな感じ。

 

もちろん、ライオンだった頃も経て、今はニンゲン・・・。

時は現代・・・。

そろそろ、この古〜い本能?とでもいうべきインプットは外しても良いんじゃない?

 

(さぁ、腫れが治りました〜。実は、一度腫れ腫れの顔をブログに貼り付けたの。差し替えたけど、亡霊みたいにそれが表示されちゃう時もあったから見た人もいるかもしれない。差し替えた理由は表情がめっちゃ暗かったから・・・。だから目を入れない写真なのだ。もう悲しげよ〜。左のは抜歯の翌日に先生に診てもらう前に「記録に・・・」と自撮りしたのよね。すごくリスでしょ?でも一週間で引いたよ〜。それにしても、普通は20歳前後でやるこの手術。アラフォーの私の体よく頑張ったね!相変わらずあまり口は開かないけどもう少しかな。)

IMG_6562

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告