恐れに効く万能薬

Laughter repels negativity!

これは最近、「寝室に何かいて眠れない」と悩んでた友人に伝えた言葉。

もちろん、何かいるだろうさ。

だけど、そこをじーっと見つめて落ち込み、寝不足になるよりも、

Mr.Bean(イギリス人の友人だからね)でも見て笑いなよ〜って言ったら笑ってた。

 

私はかつて、お化け(霊)が怖くてたまりませんでした。

ところが、ずーっと怖かった私に去年、転機が訪れました。

教え上手は教えられ上手にも書きましたけれど、こういう根深い思い込みすら、

きっかけさえあれば180度くるっとひっくり返すことができます。

 

 

 

転機となった2016年以降、私はお化けに対する恐怖心がなくなりました!

もう暗闇だって怖くないのよ〜だ。(って別にドヤ顔で言うほどのことじゃないけど・・・)

誤解ないようにはっきりいうけれど、私は何も見えません。

感じることはあっても見えないし、聞こえません。

見たことも聞いたこともないけれど、匂いには敏感です。

街を歩いてても、駅のプラットフォームでも、電車やバスの中でも、自分にとって嫌な匂いがするところへは近寄りません。

私にとって不快な匂いのするものが、素晴らしいものであるはずがないし、

何よりも、私にとって臭い匂いを我慢するのってとてもアンフェアに感じるの。

何かこう臭い匂いをかがされてる感に、この上ない不満を感じてしまう!笑。

・・・ってまたまた話がそれましたが・・・。

 

かつての私は、目を両手で覆いながら「見ない!見ない!見ない!」ってヒステリックに呟いてる感じでした。

それ、め〜っちゃ怖がってるやんアンタ・・・っていう感じでしょう?笑。

 

 

それが今、お化けに対する恐怖が無くなった。

もちろん、映画ばりの何かが起きちゃったら、泣いてちびって腰抜かすと思うけど、笑、

恐怖心はないの。

何か起きてしまったら、泣いてちびって腰抜かしたるわって思ってるんです。

 

 

でも怖かった歴が長かったからこそ怖い!という人の気持ちはよ〜くわかります。

でね、その「怖い!!」っていう感情には根っこがあるんです。

お化けが怖いんじゃぁないんですよ。

本当に怖いものはその下に隠れてるの。

私が本当に恐れていたもの、それに気づかせてくれたのは、たまたま知り合った人。

 

私がかつてお化けが怖くてたまらなかった頃出会ったイギリス人のおばちゃんから、こんなことを言われました。

「カエコさ、自分が死んだ時にね、だれかがあなたの方を見て、悲鳴をあげて逃げたらどんな気持ちになる?」って。

想像しながら私は「それはすっごく悲しいよ、『私だよ〜!』って叫びながら追いかけて行く!」って答えたら、

「そうでしょう?みんな同じなのよ。生きてる人と同じように扱えば良いの。」って言われた。

 

 

生きてる人と同じように扱えば良いのか!

そうか!私はお化けの扱い方がわからないから怖かったんだ!って気づいたの。

これってね、生きてる人が相手でも同じだと思います。

どうコミュニケーションをとって良いのかわからない人って怖くありませんか?

例えば言葉が通じないシチュエーションとか。
・・・海外旅行や外国人に話しかけられる。

例えば自分とすごく異なる相手と向き合う時とか。
・・・全く違うファッションに身を包んでる相手や、年齢、学歴や職業、出身地が著しく異なる相手と話す時とか。

理解し合えなかったらどうしよう?!

これが私の恐怖の正体でした。

 

何がどんなに違ってても、「自分とそんなに変わらない人間なんだ」っていうことを忘れなければ、恐怖は無くなる。

 

 

イギリスへ来た時ね、サッカーファンがユニフォーム着て、うぉ〜って盛り上がってる時に、その人たちに一抹の不安を覚えた私。

普通の健全なるサッカーファンなんだよ?

でも、私の知らない世界の人たちだと決めつけてたから、怖かったんだよね。

 

 

私は、彼らが私と同じ人間だって忘れてたんだよね〜!

 

 

亡くなった人も同じだよね?

人間って知らないこと=怖いっていう感覚があるもんだから、まだ見ぬ世界の住人を恐れちゃうんだね。

でも、かつては私みたいにここに暮らしていたんだよね。

だから怖がる必要はないんだよね。

 

ところで、ことお化けに関しては、怖がる必要が無いからといって、わざわざ暗い四隅をじーっと見つめなくても良いと思うの。

以前、森公美子さんがテレビで、亡くなった友人が夢に出て来て彼女に「こうやって姿を表すのも大変なのよ〜」と教えてくれたっていう話をしていたのを見たけれど、確かにそうだと思う!

すごい集中力がいると思うわ〜!

逆に私があの世に行ってしまった誰かに何かを伝えようと思ったら、瞑想10年、断食10年とか修行しないと難しそうじゃない?!

そうそうできることじゃないんだと思うの。

いるだろうけど気づかないし見えないしっていうぐらいで良いと思うの。これに関しては。

わざわざ暗がりをじーっと見つめ、感じようとしなくてもいいのよ。

もし、私やあなたに絶対必要なことなら、頑張らなくても受け取れるようになってるはずだから・・・。

 

それよりも、お笑いでも見て、美味しいもの食べて、自分のいる世界をより居心地の良いものへ調律していけば良いと思う。

 

 

さあ、あなたの「怖い!」は何を意味してるんだろうね?

 

 

(近所のHither Green。駅前はちょっと開けて可愛い。今日はお月様、見れるかなぁ?)

FullSizeRender

 

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告