感謝が起きるアビー

グラストンベリー最後の午後は、グラストンベリーアビーにご案内しました。


もうすぐ終わるけど、夏季限定のカフェがあってね、そこでアビーを見渡しながらするクリームティが大好きな私。

アビーは、犬を連れてきてオーケーなんだけど、ここにいる犬はとても幸せそう。

皆ニコニコしてる。犬がニコニコっていう表現?って、犬と暮らしたことがある人は分かってくれると思う。どう?
そして、前日に皆さんをWellsの教会へご案内したんだけど、その理由がここで明らかに!

グラストンベリーアビーは遺跡なんだよね、結局。

想像力を使って、在りし日の修道院を見る時、教会の姿を知ってるとやりやすいの。

皆、「おお〜!」って感動してらっしゃいました。
この日は快晴で、空にはいっぱいドラゴンがいました。

アルターの向こうで、靴を脱いでアーシングもして、スッキリ。

ここはエナジーも良いけれど、テクノロジー好きの私はここの修道院長のキッチンも好き。

当時の食生活とかと一緒に、当時の先端技術を使って建てられたキッチンは面白いよ〜。

そこから色んなお店で買い物して、皆両手にいっぱいの袋を抱えて充実+疲れた顔してらっしゃいました。笑。

やっぱり、買い物って燃えちゃうね!

私はここに来れて良かった。
私は皆にここを紹介できて嬉しかった。

晴れでも、曇りでも、雨でも、空いてても、混んでても、おでこに吹き出物が出ちゃっても…。

訪れる先々で優しい人たちと触れ合えて、本当にラッキーだなぁって。

すると自然に、ありがとうっていう気持ちが湧き上がってきました。

    
それで思い出したんだけど、10代、20代のころ、私は姉から、「あんたは感謝の気持ちが足りない」って言われたことがあるのよ。

スゴい姉でしょ?笑。

詳しい文言は覚えてないんだけどね、とにかくそんなことを言われて。

それ以来、意識をしてありがとうっていうように心がけてたんだけど・・・・

なーんか、こう、スッキリしなかったのよ。

何かね、ありがとうって言いつつも、ちょっと損してるような気になってたの。
でね、ありがとうっていう時、自分は誰に向かって言ってると思う?
何かをやってくれた人?神様?それとも????

例えば、何かをやってくれた人、親でも友人でも上司でも誰でも良いのだけど、その人にお礼を言いそびれた、言いたくなかった、理由は何でも良いけれど、とにかくお礼を言えなくて、もしもよ?その人が亡くなったらどんな感じがするだろうか?って。
私なら、「ああ!あの時に言っておけば良かった!」って後悔すると思うのよ。

そう、後悔。

後悔するのは自分。

傷つくのは自分。

つまり、何が言いたいかというと、ありがとうっていう時、私たちは結局、私たち自身に言ってるような気がするの。

対象が誰であれ、ありがとうっていう感謝は最終的には自分に向けられてるような気がするの。

だから感謝が無い人っていうのは、自分を好きじゃなかったり、

自分を認めてなかったり、

自分に怒ってるとこりがあるの。
私は自分に優しく自分に良い事をやるようになってやっと、感謝が湧いてくるのを感じることができた。

言うか言わないかっていう話じゃないんだよね。

滲み出ちゃうの。
とか言いつつ、ロンドンに戻ってホテルでチェックインの時に、一度ならず二度までも、予約が見当たりませんとか言われて、

プラス、すでにお支払いしてるのにまた払ってとか言われて、1秒で湧いてきた感謝を枯渇させてしまう私。

まだまだ未熟だ〜!!



 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告