新月に送るエール

断水イベントパート2。

今回は図書館へ。

こないだオンラインで図書館の本の予約をした時に、

同じタイトルを二つの異なる図書館で予約してしまい、一つキャンセルしました。

そしたら2冊分の予約代がかかってしまった私。とほほ。

ま、大した額じゃないし払いましょっと思ったけれど、

図書館へ行った時に、受付の人たちに面白おかしく話したら笑われ、

何と1つ履歴を消去して1冊分にしてくれた!

ありがとう!私ラッキー、ボーナ〜スッ!!って喜んでたら、また笑われました。

笑われると嬉しいのは大阪人のあるある。

そんな私はこの頃、1日一度誰かを笑わせるというお笑い予備校生みたいなことやってます。

楽しいよ。

 

さてさて、頭で解っていても腑に落ちていないと、どこかで抵抗し続けてしまうことありませんか?

私は親との関係で随分長いこと苦しんでました。

怒りと罪悪感の悪循環や、そうは言っても不当に扱われてきた〜って言いたい被害者意識を味わったことがある人は分かってくれると思うけど、

周りにどんなに、親はありがたいんだよ〜とか、全て許すと楽よ〜と言われても、無理な時は無理なのよね。

言えないし、思えない。

でも、そんなことよ〜くわかってるし、自分で選んできたことも、全部頭でわかっているけれど、、

腑に落ちていないとだめなのよ。そうはなれないの。

そんな風に解りたくて「わからない!」と抵抗していた私に、

宇宙は私に理解できるように様々な状況を次から次へとみせてくれたのよね〜。

それがこれまでの話。

 

でも、ある問いかけにより、と・て・も楽になって、以来そこに照準を合わせています。

 

それは、「で、一体私は、親を何だと思ってたんだろう?」という質問。

そう。私は一体彼らに何を期待してたんだろう?って自分に問いかけてみたんですね。

そしたらそしたら・・・!

私ってば、自分の親を全知全能のパーフェクトな存在だと定義していたことに気がつきました。

ぷぷぷ〜!!そんなの殆どカミサマレベルでしょう?無理無理無理!

自分の親のことはよく知ってるからいうけれど、二人ともとてもニンゲンなの。

私のシステムに、そんな彼らは完璧なすごい存在とインプットされていました。

実際は、そんな彼らが私を授かったころ、今の私よりう〜んと若かったし、

とても未熟だったわけ。

 

そしてそんな未熟な彼らが私のことを一生懸命育ててるのが見えたら、泣けてきた。

キャパいっぱいいっぱいにして、パンパンになりながら育ててたんだね〜って。

そしたら瞬時に二人が可愛く思えたよね〜!

 

エールを送りたくなった!

 

「お父さんが何とかしたる」だとか、「お母さんがいるから大丈夫だ」とか、

不安で、未熟な彼らも自分自身にそう言い聞かせながら、私を育ててたのか〜って。

二人は私の宇宙になろうとしてたんだ〜って。

私にとって絶対的な存在になろうとした。

これは、 この子のため〜と言いながらも、

実は彼らも自身の自信のなさをカバーしようと頑張ってたのよね。

でも、これって必ず限界がくるね。

誰も誰かの宇宙にはなれない。

どこかで辞めなきゃならなくなる。

だって未完成だもの〜!未熟だもの〜!

それが解ると、私の心が緩んだ。

あ〜!、未熟なんだ!未熟なんだ、それで良いんだ〜!わー!!って。

 

知ってますか?自信がない人にとって、世界って怖いところなのよ〜。

 

そして、私の両親もまた、二人の宇宙になろうとした両親に育てられたのよね〜。

そしてその両親もまた、そんな両親に育てられ・・・という風に、

誰が始めたのか知らないけれど、綿々と受け継がれてきたわけね〜。

 

パンパンになって私を育てていた二人へ

「そんなにね、力まなくても、世界はもっと優しいところだよ。

だからもっと一緒の時間を楽しんだら良いよ〜」ってエールを送りました。

 

そう。私の親はニンゲン。未熟なニンゲン。

私もニンゲン、未熟なニンゲン。

で、そんな未熟な自分を自分で裁きまくってたってことなのよ〜。

ひで〜!アンフェアだ〜って思ったもの、私。

 

この自らを裁くっていうのは、親も子もやってる人はやってて・・・、

だって結局皆、誰かの親または子だものね。

苦しさは、自分も相手も未熟なんだわ〜っ、未熟でいっか〜て気づいたら一気にすっきりし始める。

 

というわけで今回の新月は宣言しました。

私の前にいる全てのご先祖様へ〜って。

ずーっと代々受け継がれてきた伝統を、私は破棄しました〜って。

これ、何となく満月にやりそうなことだけど、それは私だから大目に見るとして・・・。

連鎖を断ち切る、私のミッションはこれだったんだなぁ。

 

このミッションの終了というタイミングで、私の中に世界のおかーさんたち、おとーさんたち、そしてこどもたちにエールを送りたい!という気持ちが湧いてきました。

 

というわけで送っています。

みんな大丈夫だよ〜!

 

 

(レディウェルで右往左往…じゃなくて、うろちょろしていました。レディウェルはとなりの町。その隣のシドナムで、例のアート&セラピー的なプロジェクトの話をしてきました。いっぱいインスピレーションもらっちゃった。その話はまたいつか。その帰りに可愛らしくなってるハイストリートをチェック。それにしてもレディウェルってLadywellなんだけど、可愛いでしょう?Love Well, Live Wellっていうスローガンが貼ってあった。Love well, Live well in Ladywell!って語呂がいいね!)

FullSizeRender

Etsyに、ラブラドライト、ラピスラズリ、グリーンオニキスのシックな緑、ブルー、グレーのイヤリング(ピアス)を追加しました。見てね〜。

 

 

10月もバーズクラスを開催します。日程はリトリートから戻ったらリリースします。

もちろんリクエストもしてくださいね。

 

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告