かわいそうな人はいない

先日、家への帰り道、こんな光景を目にしました。

私と反対方向から、お母さん、16歳ぐらいの娘、そのお母さんの両親(つまり16歳の子の祖父母)が歩いて来てて、少し離れたところから妹っぽい8歳ぐらいの女の子が走ってきました。

きっとこれからスーパーへ行くところだったんでしょうね。

その8歳ぐらいの子は、買い物用の車輪がついた買い物バッグを引っ張ってました。

すると、私のすぐ前まで来た、母、姉、祖父母は、何を思ったのか、突然公衆電話ボックスの影に、嬉しそうに隠れたのです。

それに気づいた、バッグを引っ張ってた女の子は慌ててスピードアップして走って来て、公衆電話ボックスの影に隠れる家族を見つけました。

その時のその子の表情。

見つけてホッとしたのも束の間、すぐに怒りの表情に変わりました。

お母さんとお姉ちゃんに、グーの手で叩きながら半泣きで怒る妹。

後ろから笑顔で抱きしめようとする祖父母を振り払って怒る妹。

これこれ。妹あるあるですよね?!

 

あれ、すっごいむかつくのよね。笑笑笑。

末っ子以外にはわからないかもしれないけど、本当にめっちゃ腹立つのよ。笑。

その子が可愛いからついつい意地悪したくなるんだろうけど…、はっきり言って子どもっぽい行動。やれやれ…。

 

私も同じようなシチュエーションで「やめて!」とキレていた昔、家族に言われたこと。

「もう、すぐ本気にするんだから〜!冗談でしょうが!」

これを言われる度に、何やとぉ〜!!!って怒ってた!!笑。

 

 

なぜ、嫌なことをされた私が、「すぐ本気にする」といって非難されなきゃならんの?!

そっちが冗談のつもりでも、こっちはムカついたって言ってんだから、もうやるなよっ!!

それでも度々私をからかうのをやめなかった私の家族…。笑。

そりゃそうだよね。以前書いた「かえる」の話同様、本人たちが楽しんでるうちはやめられないよね〜。

 

 

ところで、私は長らく自分のことをずっとかわいそうだと思っていました。

そして、ほぼ無意識に「かわいそうな私」というイメージを外側に強要していました。

「ね?私ってかわいそうでしょう〜?」みたいに。

つまり、「かわいそうな人」だと思って欲しかったんですよ!

これ、今の私には全く理解できないサイコロジーなんですが…。

とにかく「かわいそう」が正しいと信じていました。

そして、こうやって「かわいそう」アピールをしてる間は、全てに「かわいそうに…」って応えていました。

それが優しさだと思ってたの!!

 

 

でも、例えば「かわいそう」アピールしてる人に、「かわいそうね〜」と応えてあげてる時って、そのアピール中の人を、そこに留めてしまう、つまり「かわいそう」に加担してしまう行為なんです。

私、全然、かわいそうじゃなかったのよ、実は。

なのに、「かわいそうにね〜」と応えると、その人を「かわいそう」にしちゃうんですよ。

 

だからこそ、私は「かわいそう」アピールをしている人へ、等しく「かわいそう」で応えることはやりません。

だって、かわいそうな人なんていないんですから。

問題を抱えていても、かわいそうな人にならなくて良いんです。

実は、いろいろ問題があっても「かわいそう」にならなくても大丈夫です。

いろいろ問題があっても、ハッピーに生きられるとしたら…。

あなたはどうしますか?

 

 

(私のエリア担当の郵便配達の人が二人いて、一人のジャイアン度が高い。見た目も行動も非常にジャイアンなの。女性だからジャイ子?私の配達物を投げます。ドアの前まで来るのが面倒なのか、何なのか。そんなの知らんしぃ〜。これ本当ですよ。で数日前は、ガムを玄関前に吐き捨てていきました。さてどうする?2、3年前の私なら、「ガムを捨てられないためにはどうすれば良いかなぁ?」と工夫したり、「ガムを捨てられる原因は何だろう?」というワークまでしてたでしょうけれど…、良いですか?ジャイアンはジャイアンです。その人がジャイアンであることに、その人がジャイアンであること以上・以下の理由はないし、何よりもジャイアンがジャイアンなことって私には関係ない。だから放置。何とかしようとするから問題になるのです。あ、ガムは掃き掃除をする時に捨てましたよ〜、もちろん。写真は近所の黄色い卵焼きのような家。可愛い〜!)

FullSizeRender

 

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告