どこに基準を置くか

引っ越すとやらなきゃならないことがいっぱいありますよね〜!

イギリスでもいろいろありますが、私は、免許証の書き換えとGPへの登録が済むと引っ越し終了〜っていう気がします。

今回は歩いて5分のところにモダンで小綺麗なGPがありました。

これまでで一番家から近いGPかも!!

それにしても、新しそうな見た目のデジタルのモダンな体重計で体重を測る時、しかも靴も履いたまんま、服も全部着たまんまで測るから、「あ、これは1キロぐらいマイナスにしてよ〜」とか思ってのってみると…!

家で測るより2キロも軽い!!

なんでかなぁ?確かに我が家の体重計はALDIで買ったピンクの体重計だけど、2キロの誤差ってどうよ?

どっちが正しいのかわかりませんが、衣料の重さとして500グラムマイナスしてくれました。

続けて血圧測ったり、問診しながら、それぞれのデータをシステムに打ち込んでいくと、私のBMIが出てきました。

私、日本のBMIの測り方だと普通体重なんですが、こちらだといつも「ちゃんと食べてる?」と言われます。

痩せ気味だそうで、後0.5下がるとNHSから食事の指導を受けることになるよと言われてゲゲゲゲッ!

面白いと思いませんか?

どこに基準を置くかで、全く変わる私の体重の評価。

そしてしつこく、「ちゃんと毎食食べてるの?ご飯抜いたりしてない?」と聞いてくる。笑。

食べてるよ〜!ご飯はもちろん、ワッフルまで食べてるよというと、ややこしそうだから、ちゃんと食べてます〜とだけ答えておきました。

GPでは運動量も聞かれます。

いつも「運動はしてるの?」と聞かれたら、「ジムに行ったりはしないけど、私、めちゃくちゃ歩きます。」と答えます。

すると必ず「速さはどのくらい?」と聞かれるので、「速いです。」と答えるんです。

面白いでしょう?

 

 

後はGPによって若干予約の取り方が異なるので、それも教えてくれます。

「あなた近々ドクターに会う必要はある?」と聞かれ、「ありませ〜ん。」と答えて登録完了。

10分ほどで済みましたが、ありがたいです。

めったにお世話にならないとはいえ、こうやって登録してくれるのはありがたいです。

 

 

そしてこの基準、面白いですよね〜!

何かがしんどいと感じる時、自分が何を基準にしているかと考えると面白いですよ〜。

 

 

来週は歯医者さんにも登録してきま〜す。

 

 

(歩いて30分ぐらいのところで見つけた面白い図書館。そう、これはイギリスの公衆電話ボックス!中が本棚になってて、好きな本を借りてって、読み終わった本はここへ持ち込んだりもできる。何となくアートな感じ。良いですね、こういうの。)

Image-1

 

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告