何も足さない

見て見て。

家具が届くのは土曜日なので、それまでにこのだだっ広い空間をパシャリ。

ヒーリングルームから中央のリビングエリアを見ています。

FullSizeRender

がら〜ん。笑笑笑。

私、荷物がまた減りました。

今回の引っ越しパート1では「まだ必要かも?」とおいてたものが、

「やっぱり必要ないわ!」となったんですよね〜!

どんどん身軽になってきてる〜!!

 

ここも本棚とか一切置く予定はなくて、ゆくゆくはヨガか何かのクラスもやってもらえたら…

と思っています。もしヨガ教室をされている方、興味がある方はご連絡ください。

きっと3〜4人の小さいヨガ教室をここでやると素敵だと思います。

また、ワークショップができるように大きめのテーブルは購入する予定です。

でも家具を入れるのは初めてなので、とにかく少なめ少なめに買っています。

いつでも買い足せるけれど、返品は面倒&大変なので!

 

イギリスあるあるなのですが、買った当初は一緒にまとめて発送だったのに、

いざ届いてみると、「あれ?一つしか入ってない!」

こんな時、問い合わせると大抵は向こうの都合で、「遅れてくる」とのこと。

その遅れ方が数週間の場合もあれば、2、3日の場合もあったり、

それがこちらにとって「まあ、しょうがない」時もあれば、完全にアウトな時もあり。

だから、事前に知らせてよ〜!って思うけど、なんとなく「送ったもん勝ち」な空気もある。

 

以前1年間だけ、高級ブランド品の通販をやる某会社でカスタマーアドバイザーをやったことがあります。

この時に習ったことは全部、オン・オフで役に立ってます。

その一つが、オーダー後いつまで実際キャンセルができるか?というやつ。

オーダーして5分以内!とかは別だけど、それ以外は一律「受け取ってから返品しろ」と言われますが…。

実際に配送業者の手に渡る前ならキャンセルは可能なんですね。

配送業者の手に渡ってしまったらもう受け取って返品するしかないですけれど、

まだ間に合う!時でも基本断られてしまいます。

 

それが今回、現住まいへ引っ越す前の2週間で小さい作業用のデスクと椅子をオーダーしたのです。

本当なら一緒に届くはずだったけど、なぜか椅子だけが届いてくれちゃいました!

しかも引っ越しの3日前!困るやん!!

もうデスクを待ってる時間はないから、速攻カスタマーセンターに電話をしました。

理由は、「今倉庫がめちゃくちゃで…。」おい!おい!

そこからはバトルです!笑。

めちゃくちゃ小難しい客になったけど、おかげで私の憤りも伝わり、

キャンセル&返金の手続きをしてくれたのでパンツミーです。Ha!

 

それにしても、「私、こんな語彙いつのまに学んでたん??」と自分でも驚くようなセリフが次々と出てきたのでご紹介。

 

セリフ1

「I’ve worked in the industry. So, don’t fool me. 」

お約束の文言をぐだぐだと並べて「受け取ってから返品」だとか「あなたが受け取れなかったら、そのままいつか返品」とまとめようとする相手に向かって、「私、同じ業種で働いていたことがあるの。だからバカにしないで。」

私、「Don’t fool me」とか普段絶対言わないんですけど?!

 

セリフ2

「No, what I’m saying is that your word isn’t good enough.」

受け取り返品の過程で、私も誰もいないアドレスに配達を試みてて、万が一その商品がユクエシレズになった場合はどうなるの?!という私の問いに、「大丈夫よ〜」と逃げようとした相手に向かって、「あなたの口先の『大丈夫』じゃ十分じゃないって言ってるの。」

おお〜。これはちょっとゆっくりめに言いました。

 

セリフ3

「Your company is leaving your customer with no choice! And this is happening because of your whatever bloody warehouse situation!」

堂々巡り3周目ぐらいで、相手に、「あなたの会社はあなたの会社のお客さんを選択の余地がないところに追い込んでるじゃない!!そもそもこれはあなたの会社の倉庫の事情によるものでしょうが!!」

相手を主語にして状況を説明してみました。

普段、Bloodyは使わない私、この時ポロリと混ぜてしまいました。思わず…。

 

私がカスタマーアドバイザーをしていた会社の当時の直属のマネージャーは、

それはものすごい◯ッチでした。

彼女自身がお客として文句を言ってる時はまさに「地獄からきた客」さながら!!

正義感やら善悪などの二極性とジャッジメントだらけだった当時の私は、

ウマが合わなかったけれど、今なら大丈夫そう!

だっておもろいやん!みたいな。

 

イギリスで、外国で、カスタマーアドバイザーと話さなくちゃならない人、

欲しいもの(私の場合はキャンセル&返金)をゲットできるとスッとしますよね〜!

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告