私がクリエイトしたいもの

そうそう、月曜日のヨガの場所、

コンサルテーションルームも素敵でした。

この頃の私のニーズと合ってるから、

後は、私の借りたいように借りられるかをチェックすれば良いかな。

さ、どうなるかしら?

楽しみにしておこう!

 

さてさて、昨日のポストに書いた事を別な言い方にすると、

答え(自分)は一つではないってことですよね。

一つじゃなくて良い、つまりたくさんあって良いし、それが自然。

それをどこかの箱に収めたがるから不自然になってしまう。

そしてこれは、やったから言えること!

私って何なんだろうとか思っている時は、とことんやったほうが良いです。

そう、このゲームをやるメリットはあります!

それは選択肢が増えるということ。

いろいろやるうちに、「これはしっくりくる」だとか、

「これはちょっとアレだわ〜」とか、「ああ、私はこうやりたいのに」とか、

そういう気づきがあって、それらが集まってきて、

ぼんやり、自分ってこんな感じなのかーっていう感覚ができるです。

例えば、エネルギーヒーリングを仕事にして間もない頃、

コンサルテーションルームを探し始めた時は、

どんな選択肢があるのかもわからなかったし、

私自身がどんな空間を求めているのかもわかりませんでした。

 

だから必要に迫られて手当たり次第に探してトライしてみました。

最初は診療所タイプの空間をお借りしたり、

ビューティーサロン系の空間をお借りしたりしていました。

場所によって、オーナーのやり方も違えば、

匂いも違うし、もっというとご縁のできるクライアントさんたちも違います。

そうやってそれらの場所で、いろいろなセッションをクリエイトするうちに、

「うーん、私がセッションをクリエイトしたい空間はもっとこんな感じかも」

と気づき始めました。

 

最初から、私は自分のクリエイトしたい空間を求めているわけですよ。

でもその存在に気づくことができたのは、

いろいろ「これちょっと違う」っていう空間のおかげなんですよね。

 

だってそれまでは私に、

「私がセッションをクリエイトしたい空間」があることすら知らなかったもの!

 

私がセッションをクリエイトしたい場所ってこんな感じなんですよ。

それはちょっとリビングルームみたいに安らげて、

ちょっと行きつけのカフェみたに気が抜けて、

ちょっと良いホテルのロビーみたいにちょっと気分転換になるぐらいの非日常的空間

 

 

ロンドンの対面セッションで私が使っているカフェも、

そんな感じの空間です。

場所によっては仕切られてて半個室風な空間もあり、

オープンなスペースだとちょっと、アメリカのドラマ、フレンズに出てくるような、

自宅のリビングの延長、みたいな感じ。

 

 

そんな場所に、友だちに会いに来る感じで会いにきてほしい!

そして、スカイプを使った遠隔セッションで、

クライアントさんたちと一緒にクリエイトしてきたバーチャルな空間は、

すでにそんな場所になっています。

日本でセッションをさせていただく場所も、そんな場所です。

大阪でも素敵なプライベートサロンと、リビングルームみたいな空間を、

東京では前回、とても素敵な空間をご紹介いただいたし、

日本には素敵なカフェもたくさんありますからね〜!

 

…と、今日も書こうと思っていたこととは、ちょっと違うことを書いてしまった。

最近のあるあるです。

今日書きたかったことは、きっと明日、でなければ明後日に出てくる、かなぁ…。

 

 

 

(写真はスカイプ越しに撮ってくださった、私の丸顔。こんな大画面で出てるんだ!とちょっとドッキリ。)

Screen Shot 2017-07-26 at 14.07.44

 

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告