ゆとり時代

書き間違いじゃ、ありません。

時代です、時代。

 

さて、もうすぐ引っ越しをするので再々再々再度ぐらいの断捨離をしております。

以前、もう散々ここには書いてきましたけれど、

メキシコへボディーコードのプラクティショナーとして三ヶ月行くことになった時に、

ウルトラ級の断捨離をして以来、最小限の荷物で生きてきた(つもりの)私。

 

しかし、いざ狭いスタジオを見回すと…、

「いつのまに!!」というぐらい、増えていました。

嬉しいメッセージが入った友だちからのカードや、

とても美しくて私がとても気に入っている以外に持っている理由は無い絵、

あまり履かないけど超可愛い大好きな靴とか、

10回ぐらいしか使ってないけど持ってるだけで嬉しいヨガマットだとか、

あまり育ってないけど愛着のある多肉植物だとか、いろいろ。

 

「誰よっ!私の家にこんな物を置いていったのは?!」みたいな。

いえいえいえ、全部私ですよ、私!ぷぷぷっ!!

 

私は物が増えると心拍数が上がるんです。

…しかし、今回は敢えて躍起になって処分しようとはしていません。

 

 

私は、子どものころはもう笑っちゃうぐらい、物が多くて、

物に執着もあって、しかもお片づけできない派でした。

それ「一番あかんやーん」と突っ込まれそうですが、

当時の私は、本当に「いっぱい買ってもらっていた」し、

本当に「いっぱいもらって」もいたのです。

買ってくれるって時に、NOは絶対言わなかったし、

これあげるよ!にも決してNOは言いませんでしたから。笑。

 

「NOなんて言うのは、ア◯ちゃうん?!」ぐらいの、

そんな当時の私を、エナジーワーカーの私が見て思うのは、

「すごっ!私の受け取りのレベル高っ!!」です。笑。

 

そんな風にすこぶる持ち物が多かった私ですが、

イギリスへ来て間もない頃にいろんな理由から、

スーツケースに詰めてイギリスへ持ってきた以外の荷物を、

全て失いました。

理由はさておき、普通は嘆き悲しむ状況だったと思います。

 

だって失った荷物の中には、小学生から使っていた油絵のセットや、

大切にしていた本、友達からの手紙、アルバム、卒業証書や、

誰でもピカソに出演した卒制のタペストリーや、

バッグ、服、アクセサリー、いろいろありましたから。

もちろん、今、それらが全部、「田舎の家」の屋根裏かなんかにあれば、

「あー、これ使えるかも〜」ってなってたかもしれないし、

ある意味、不当に処分されてしまったのだけど…、

 

実はすごく安堵していた自分がいました。

解放された、みたいな感じです。

 

今は、はっきり思うんですよ「これは実は私が望んだことだった」んだろうなぁって。

 

自由に、身軽になりたくて、古い殻を脱ぎ捨てて、

新しく生まれ変わりたかった、そんな気分だった私が、

すごーく望んでいたことだったんですよね。

 

だから、いろんな天の采配が動いて実現しました!

どういう流れで起こったにせよ、

私は、とてつもない自由を手に入れることができました。

 

 

あの身軽さ。

過去のない女、みたいなの。

すっきりしました。

 

 

それ以来、「もう絶対に、自分を物で縛ることはすまい」と生きてきた私です。

 

 

だから私を知る人なら知ってることですが、

私、物を渡されそうになると全力でかわしてきました。笑。

でもこれって、抵抗のエナジーなんですよねぇ。

 

他にもこんなの。

「ああ!このスカート欲しい!…いやいや、でも同じようなスカートあるやん。

同じようなスカート持ってるという理由で、

心がときめくスカートを発見したことを否定する私。

いいじゃないですか、たとえ1、2回しか着なくても、

気分が上がるなら、2着でも3着でも買っちゃってよ!!

 

私が抵抗していたのは物だけではなかったのですよ。わかりますか?

苦手意識からくる抵抗のエナジー>>>>

以前は、物を増やさない生き方に学びがあったけれど、

これからの私の新たな学びのステージは、無駄と思っていた物も一緒みたいです。

 

これからは、これまでの20代の私が見たら、

「こんなん無駄やぁ!」とか、「無駄遣いするなぁっ!」とかいって、

喝を入れられそうな物も一緒っていう生き方になっていくみたいです。笑。

 

 

だって無駄ってゆとりじゃないですか? にやり。

 

 

 

 

 

(やっと咲いた!引っ越し前に見ることができましたよ、近所の運河沿いにある公園の雑草花壇。これがめっちゃ綺麗の。これも「無駄に綺麗」とてつもなく豊かです。)

FullSizeRender

 

 

7月、8月は「バーズ in the park!」ーアクセスバーズを公園で習おうーを開催します。
公園でやるので、定員は設けていません。
もちろんお一人様から参加もできますし、私とマンツーマンっていうのも有りですから、
興味がある方はご希望のお日にちをお書きの上、ホームページよりお問い合わせください。
現在、水曜と土曜に設定をしていますが、
それ以外でご希望の日があれば提案してくださいね。
可能な限り対応をさせていただきます。

 

 

「バーズって何?!」という方へ。

一度試しにセッションを受けてみませんか?
でもフルセッションは迷うという方、30分のセッションをお試し価格で提供させていただきます。それでもしアクセスバーズがあなたのストライクゾーンだったら、追加料金をお支払いいただいて、そのままフルセッションへと延長可能です。

場所はゾーン1のキャノンストリートまたはパディントン近くのカフェでやります。バーズは静かすぎたり、いい香りや、癒しの環境が作り込まれていると逆に効果が望めません。というわけでカフェでも十分、いや期待以上の効果が望めるかもしれませんよ!

興味がある方はホームページよりメッセージをください。

 

 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告