暑いとカオスなロンドン

先日からまたまた夏らしい暑さが続いてるロンドン。

自営業になってから、極端な天候の時は

なるべく出かける用事を作らないようにしてますけれど、

昨日は出かけてしまった…。

滝の様に汗をかきながら3時間かけて家に帰りました。ううう。

 

 

なぜ極端な天候の時、出かけないかというと、

必ずといっていいほど、公共の交通機関に乱れが出ちゃうからです。

昨日も信号が壊れちゃいましたー!

え?って思うでしょう?そう、これがロンドンあるあるなのです。

最寄り駅までは列車で帰る私、

最後の乗り換え駅のプラットフォームで自分の列車を待っていたら、

その一本前の列車(私の駅の一個手前まで)が入ってきました。

同時にこんなアナウンス。

「えー、〇〇駅(ズバリ、私の最寄り駅)へお越しの方は、

これに乗って、この終着駅からバスに乗った方が良いですよ〜!

とても大きな遅れの前触れです〜!

おそらくこれを最後に、当分列車きません!」

 

 

そんなあぁぁぁ!!!と、みんな慌ててそれに乗りました。

そう、私の駅はロンドンのエッジにあり、この列車は利用者も多いのです。

なぜなら、バスだと乗り継ぎ必須で、列車がライフラインだからです。

 

 

そうやって乗り込んだ列車は新車で、冷房もめずらしく効いてるぅ!!

とテンションがあがったのもつかの間、地獄の車内放送が…。

「…。大変心苦しいのですがぁ、信号の故障のため、

ここで(出発駅から次の駅)停車するよう、指示がきています!

私にはどうすることもできません!ここで待ちます。」

という、投げやりな放送の5分後、

「…。こういうことをお伝えするのは、非常に気が進まないのですが、

たった今、長らく動けないことが判明しました。

皆さん、ご怒りはごもっともですが、最寄りのバス停からそれぞれの目的地へ

行かれる方が良いでしょう!ごめんなさい。私には何もできません。」

 

 

がーん、がーん。

これを合図に、9割の乗客がため息と共に「またかよ〜」と、

バス停へ向かいました。

 

 

車内放送で、

Signalling Failureの時は、信号機の不具合って感じで、

それこそ30分未満ですぐに動き出す場合もあります。

でも、Signalling Failureの時は、信号機の故障なので、

30分で動き出す可能性はとても低いのです。

 

 

でも、プラットフォームにいる時でよかった。

これが駅と駅の間だと、そこで缶詰だからね!

とか思いつつ、だんだんむーんとしてきた冷房も途絶えつつあった列車を後にしました。

 

 

そしてここからがまた別の地獄!

冷房の効いてないラッシュの道路とバスで、1時間も揺られて某駅へ。

そこからまた別の、同じく冷房の効いてないバスで我が家まで。

 

 

めちゃくちゃ汗をかいたから、お風呂上がりは肌がつるっとしてましたよ。

 

 

でも…。当分出かけたくないワ。

 

 

(これも新作のイヤリングです!ずっとイメージとしてある古代エジプト、ーなぜかは不明。行ったこともないのに…!ひょっとすると前世は古代エジプトで生活してたこともあるのかも?!ーこれも、そんな私の勝手な古代エジプトへのノスタルジアが詰まったデザインです。お揃いのブレスレットもありますよ〜!)

IMG_4946

IMG_4892

 

 

7月、8月は「バーズ in the park!」ーアクセスバーズを公園で習おうーを開催します。

公園でやるので、定員は設けていません。

もちろんお一人様から参加もできますし、私とマンツーマンっていうのも有りですから、

興味がある方はご希望のお日にちをお書きの上、ホームページよりお問い合わせください。

現在、水曜と土曜に設定をしていますが、

それ以外でご希望の日があれば提案してくださいね。

可能な限り対応をさせていただきます。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告