エドゥアルド・パオロッツィ回顧展

ま、間に合った!!

ずーっと行こう、行こう、行かねば、行かねばと引き延ばしていた、

ホワイトチャペルギャラリーでの、エドゥアルド・パオロッツィの回顧展、

最終日に滑り込みました。

IMG_5110

そしたらみんなも滑り込み。笑。いつもよりギャラリーは混んでいました。

IMG_5109

それにしても行ってよかった!

残念ながらもう終わってしまいましたけれど、

写真OKだったので、たくさん撮ってきました。

写真でちょっと雰囲気をお楽しみあれ〜!

IMG_5115

それにしても、ここのところタペストリーづいてるなぁと思います。

パオロッツィもタペストリーを作ってます。

もちろん、織り手は別。

こういうところ、すごく日本のテキスタイルと違うなぁって思います。

イギリスでは、織り手は織りのプロ。職人さんです。

デザインはデザインのプロがやるのです。

IMG_5116

他にも版画やシルクスクリーンプリントもあり、

やっぱりテキスタイル色濃厚!

同じ時代のマリメッコのデザインとも通じるような色とデザインもありました。

IMG_5118

パオロッツィといえば、トッテナムコートロード駅のモザイク画を担当したことで有名です。

駅の化粧直しの時も、彼のモザイク画が生えるようなリフォームの仕方でした。

今度駅を通る時、ちょっとみてくださいね。

IMG_5129

そんなホワイトチャペルギャラリーですけど、最寄駅はオルドゲートイースト。

すぐ側にはブリックレーンがあります。

IMG_5124

そんなわけで、パオロッツィの回顧展は終わってしまいましたけれど、

グラウンドフロアでAlicja Kwadeのインスタレーションが開催中です。(上の写真。)

昔のスーザン・ヒラーに通ずるものありで、私の好みぃって感じでした。

そんなわけでホワイトチャペルギャラリーは、カムデンアーツセンターと並んで、

見応えのある企画をやってくれる、私のお気に入りのギャラリーの一つです。


私たちの中にある、
私たちを笑顔にしてくれる元気の源、(元気玉)を活性化させたい方、
または「私には元気玉がないかもしれない!」と言う方、
ボディーコード(エモーションコード)を受けてみませんか?
元気玉は、私たちの本質です。
私たちの本質とのリンクを取り戻して、
自由自在に楽しい人生をクリエイトしましょう!
元気玉に関するポストはもう読まれましたか?(→元気の源、元気玉とは?
自分の本質とリンクする喜び、楽しさについて書いてます。
ぜひご一読くださいね!



癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告