ダメだと思ってることが実はベストなわけ

自分で「何とかしなきゃ」と思ってる部分や、

他の人から「そこどうなの?」と言われる部分は、

ほとんどの場合、私たちの中の良い部分であることが多いです。

そこがセールスポイント!っていうくらいの個性が詰まった特徴だということです。

でも前提が、本来の自分のあり方(本質)と異なってると、

欠点として認識してしまいがちです。

 

 

ここ数日でバババッと、ウェブサイトを編集したり、

ビジネスカードを新調したりしてる間に、

前回、日本に一時帰国した時に会った、

美大予備校時代からの友人のことを思い出しました。

その友人は、軽やかに「やれることは何でもやってるよ〜」とフルタイムで生きていました。

アーティストで、いろんな仕事を掛け持ちしてますが、

「食べていくのが大変だから」っていう前提でやってるんじゃなくて、

それぞれの場所で、根を下ろしてるんです。

つまり、私の友人はそれぞれの職場で、大切な存在なんです。

素敵だなぁと思いました。

ここで、私の中でわだかまっていた、晴れそうで中々晴れなかった霧が晴れました。

 

この、私の中でモヤモヤしていた部分に気づくきっかけとなったのが、

昨年新しく出会った人たち数名から、

「で、佳英子さんは一体何をやってるの?」と聞かれたことです。

彼らの質問の意図は、「何の仕事してるの?」ということですね。

彼らがいうには、私のウェブサイトを見ても

「何をメインにやっているのか」わからないということでした。

なるほど、メイン、そういうことか!

「私って一言で言うと何なんだろう?」と悩み始めました。

 

というのも、私は一つだけじゃないんですよ、できることやっていること

私の日本に住む友人もそうだけど、きっと私みたいな人、多いと思います。

私の場合、最近また加速したモノづくりもそうですけれど、

エナジーヒーリングのプラクティショナーとして個人セッションやクラスもやるし、

英語だって教えるし、翻訳や通訳だってやるし…。

それぞれの場面で、それなりにアテにされているところもあるから、

「一言でなんて言い表せないよ。」 というわけです。

 

そうは言っても、去年の秋頃までは「自分の肩書きを決めなければ」と思っていました。

「何やってるのかわからない」と言われる自分はまだまだ…ぐらいにまで思ってました。

「フルタイムで〇〇やってます!」

こう言えるようじゃないと一人前とは言えない、そう思ってました。

それが今は、それでもいいか〜って、思ってます。

つまり、一つに絞るというのは私の本質とは全く異なる方向性だったんです。

私はいろいろ、なんです。 色とりどりの鳥、みたいな。

「この鳥、一体何ていう鳥?」って言われちゃう鳥みたいな。

今の私は、やれること、やりたいことは何でもやるよっ!ていうスタンスなので、

名刺にも肩書きは設けていません。

敢えていうなら、「Kaeko Nakagawa」が私の肩書きです。

だからある意味、私の肩書きというのは、

私が提供させていただくものを受け取る方が決めることなんだ、と思っています。

ある方にとっては、私はヒーラーだし、 またある方にとっては、私は手芸部だし、

またある方にとっては、アーティスト、マネージャー、先生、ブロガーなんですよね。

そっかー、それも良いかって思いました。

 

そんな私は最近「何やってるの?」と聞かれたら、 「いろいろ〜」って答えてます。

いろいろ、って良い言葉ですよ!

いろいろやりすぎて、自分が何なのかわからないっていうぐらいになります。

この「いろいろ」という要素が正に、私の個性、特徴の一つなんですよね。

だから大切にしていこうと思います。

 

 

(ロンドンは気持ちいい天気が続いています。いました。ちょっとまだ寒いんですが、やっぱり半パン半袖の男性が増えてきた!あなたたち寒くないの?!って思うけど、大丈夫なんでしょうね〜。私は片付けたセーターを一枚取り出しました。とほほ。)

IMG_4915.PNG

Feel Goodな思考をキープするのが難しい方、
また、Feel Goodな思考から始まるけど、
周りのネガティブなエネルギーに流されてしまうと感じてる方、
ボディーコード(エモーションコード)を受けてみませんか?
自分自身の中にある、低いバイブレーションの元をリリースすると、
ネガティブなもの(人であれ、考えであれ、何であれ)に、
簡単に靡かなくなります。
水星逆行期間のキャンペーンをしています。
詳細はこちらのトップページをご覧ください。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告