ちょっと訂正…とグリニッジ

夏みたいだった週末のロンドン。

グリニッジへ行って来ました。

19年前、私のロンドン生活はグリニッジに近いニュークロスで始まりました。

今や、いろいろなシンボルの意味や名前の大切さが身に沁みてわかるので、

これはとてもとても興味深いです。

久しぶりにクイーンズハウスへ行くと、なんと「スピリットハント」というイベントをやってました。

「スピリット(ここでは幽霊のこと)はクイーンズハウスの一部です。」

確かに、ここのチューリップ階段では幽霊の写真があります。(tulipstaircase, ghostで検索すると写真が出て来ます。全然おどろおどろしいのじゃないです。)

こうやって、ともすると短所となりがちな特徴を、しっかり長所にしてしまう逞しさ、

イギリスらしくて好きです。

俗っぽく言い換えると「転んでもタダでは起きないぜ」みたいな逞しさ。(笑)

そう、この逞しさが私がイギリスを好きな理由かもしれない。(って今書きながら気付いた!)


さて、昨日のポストを少し訂正しました。

なんだか、あの書き方じゃ分かりにくかったかなぁと、後から読み返して思ったからです。

何を書き加えたかというと、私が自分にもクリアリングをし続ける理由です。

こうやってセッションをさせていただく立場であっても、

私は自分へのセッションもやりつづけています。

それは、私が「今一歩届かない」からではなくて

「こんなに今、自由になれたってことは、もっともっと自由に生きたら一体どうなるだろう!」(ワクワク)

「(あの時からすると)今はこんなに楽になった。ってことは、もっともっと楽になったらどうなるだろう!」(ワクワク)

「今これだけ楽しいってことは、もっともっと楽しくなるってどういう感じだろう!」(ワクワク)

こんな風に、私の「もっともっと」という思いが次のワクワクにつながってます。

上限はないのです。

そして、タイトルにもあったように、私は満月という節目を利用させていただいてます。

これも見方なんですけれど、例えばゴールデンウィークとかと似てます。

普段出かけない人は、ひょっとするとゴールデンウィークだしせっかくだから出かける?ってなるかもしれない。

普段出ずっぱりの人は、ひょっとするとゴールデンウィークぐらいは、ゆっくり過ごそうってなるかもしれない。

別にどっちがどうのこうのじゃなくて、使い方それぞれ、なんですよ。

満月や新月、もうすぐ来る水星逆行なんかの天体の動き、自然の作用も、

私たちが便乗して有意義に使って良いですよ〜っ、

生活の中に役立ててくださいね〜ってことなんだと思います。

だから、今日、この満月の日を借りて私はまた一段と自由になりますってことですね。

イエーイ!笑

(写真はグリニッジ。すっごい暖かくて、やばいくらいに夏の格好をした人で「芋の子を洗うような」混み具合だったグリニッジパーク。やっぱり私、ここ好きだわ…。上段右の写真がスピリットハントをしている皆さん。タブレットみたいなディバイスを貸してくれるんです。面白そう!

IMG_4818


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告