お試しは約束の印

セッションをさせていただいた方々から、時折こんなメッセージをいただきます。

それは「佳英子さん、お試しがきました!」というもの。

お試しとは、文字どおり、自分の器を試されるような出来事のことで、これまでとは違う展開を約束する印です。

メッセージには、何が起こるんだろうというワクワク感と、一人で舟を漕ぎだす時の不安が少し入り混じってます。

言うまでもなく、私自身、日々大小様々なお試しの連続なので、その気持ちはとてもよくわかります。

「試されている」と捉える時、そこには選択の余地があります。

こんな場面は、これまで何度もあったのですが、今まではただただ反応して生きてきたので、「試されている」というよりは、「仕方ない」と結果に甘んじていたのです。

だからこそ、「試されてるかも?!」と気づけるようになったことは、非常に心強いツールを手に入れましたね〜とお返事させていただいてます。

そして私のお試しデーは昨日でした。

何かとてもだるい日ってありません?

昨日は正にそんな日で、午後からの予定をキャンセルしてソファにゴロリと横たわり、「一体どうしたの私?」と自分の体に問いかけてみました。

実はこんな時、何か実態の無い他のエネルギー(エンティティ)が原因だったりします。

こんな時、「あ、風邪気味かな?」とか、「あ、最近忙しかったからかな?」と、ダルさを理解しようと、つまり受け入れようとしがちです。

でも、私はまず「これは何だ?」から始めます。

もちろん、しんどいことに変わりはないから、リラックスしながら自分の身体に問いかけます。

クリアにしたら、じんわりと体が軽くなっていきます。

自分を取り戻したら、ずーっとやりたかったレジンを使った実験に突入。

本当に落ち着きないな、私って。(笑)

(まだまだ続いてるイスタンブールの写真。これはニュースレターにも使ったお気に入りの一枚。アヤソフィアの一角。バルセロナのサグラダファミリアもそうだけど、このアヤソフィアも相当込み入った作りです。建築家って本当にすごいな。頭の中に3Dプリンタがある感じ。私の場合、ナルニアのマジックワードローブがある、ペンベンシー家の子どもたちが居候するおじさんの家も、読んでるだけじゃ見取り図は浮かばず…。きっと建築家なら、家の見取り図がぱぁっと浮かぶんでしょうな。うらやましい!)

IMG_2132.JPG


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告