マジックが足りない

突然、Chronicles of Narniaこと、ナルニア国物語を読み始めました。

私、映画も観てなくて、本も今回読むのが初めてなのです。

読み始めから楽しい。
こういう、子どもにも読めるように書かれている昔の本は、明瞭に書かれているという点がすばらしい。

昔、博士課程をやっていた人が言ってたことだけど、「研究内容を誰にでもわかるように文章で表現するのが一番難しい」と言っていたことを思い出しました。

ミヒャエル・エンデの果てしない物語もそうだったけれど、こういう本って本当にすごいなぁって思います。

文化も時代も超えて、誰が読んでもぐっとくる、みたいなところ。

ところで皆さんは、マジックを信じていますか?

私は去年の冬ぐらいから、日常的にマジック(魔法)が必要!と思って、私はEtsyのショップも、ホームページも、メールマガジンも、Time, Space & Magicというタイトルを付けてます。ニヒヒ…。(笑)

全ての人に、マジックは必要不可欠なのです。

でも、多くの場合私たちは、自分で使ってるマジックを忘れがち。

スタートとしてまず、自分の生き方を当たり前のように思わないことです。

「こんなこと誰だってできるよ〜」とか思わないし、言わない。

(イスタンブールの写真を整理してます。実質、街に出ていたのはほんの10時間足らずだったけど、写真の多いこと多いこと。これはあるマーケットの道。トルコってタイルが有名なのかしら?こうやって美しいタイルが埋められてて、躓きながら写真をパシャパシャ撮ってしまった。笑)

Save


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告