甘々に生きた3月

明日から4月ですね!
昨日のロンドンは20度前後の陽気で、私も薄いコットンのブラウス1枚でした。
言わずもがな、薄着派のロンドナーは真夏と変わらぬ装いの人もいました。

さて、東京からの飛行機で、トイレの鏡を見た時驚愕しました。

っていうのも、私の顔がしわっしわになってドライフルーツみたいになっていたから!

そりゃあ確かに飛行機内って乾燥しますけど、こんなに乾燥したのは初めてっていうくらいシワシワになっててびっくり!!小じわオンリーの顔になってた…。

噂によると、日本人が多い飛行機の中は、温度設定が高めなのだそうです。
確かに、成田からイスタンブールへの便は暖房が効いてて暖かかった。
そうなると、やっぱり乾燥しちゃうか。

イスタンブールの免税店にあったキールズで、定番保湿クリームを買って帰りはテッカテカの顔でヒースローまで戻り、イギリスに戻ってからは日本でプレゼントに頂いた保湿パックを毎晩するという贅沢さ。

こういう風に、良いことたくさんしてあげて過保護に甘やかすことを英語で、Pamperと言います。そう!日本だとオシメの銘柄になってますよね。甘やかすという意味があります。お尻を甘やかすっていうコンセプトだったのかな。

加えて、数日前から始まったバターたっぷりのブリオッシュライフのおかげか、やっと肌が落ち着いてきました。

でもね、ほぼ同時進行で、両目の間に大きいおデキが!

まるで大仏さまのようでございます。(笑)
今回、奈良で鹿を追いかけるのに必死で、「大仏さん?いい、いい、それよりも鹿だ!」と大仏さまを振り切って東大寺ではなく、春日大社に向かったからかしら?
いやいやいや。(笑)

こんな時は、前提をどうこうするよりもストレートにボディーコード™が効果的です。
(ボディーコード™について詳しく知りたい方はこちらをお読みください。)

きっと一時帰国中の2週間で、普段食べないものもたくさん食べたし、普段なら不可能なぐらいの過密スケジュールだったし、夜更かしも早起きもしたから、体の内から苦情が来ても驚きはしないさ。(笑)

するとこのおデキ、ニキビかな〜と思いつつも、ニキビができるような年齢でもあるまいし、と思っていたら何と菌が原因でした。金じゃなくて菌なのか〜とか思いながら掘り下げていくと、やっぱりね、デトックス臓器の腎臓さんがヒィヒィ言ってました。

これで私がお酒飲めたらもっと大変だったわよ、腎臓さん!とか言いながらリリース。
リリースしたので、それが何だったのかもう忘れている私です。

こんな時は、胆嚢にも負担が来やすいです。それは体にわかりやすいサインが出るので、一時帰国中から自分でもリリースしていたわっていたのですが、やっぱり、大阪に移った辺りからガーッと旅のエネルギーが加速して、細々したことがぶっとんじゃってたんですね。きゃはは!(笑)

そんなこんなですが、皆さんから「楽しそう」だと言われます。
素晴らしいことですね!ありがとうございま〜す。

(先日から指輪や腕輪を夜なべする勢いで作ってます。楽しい!時間も忘れてしまうほど。合わせてトルコの写真の整理もしなくては!今日の写真は左上から、大げさな広告スタントだと思うけど実物大のサイが吊るされてました。きっと最近立て続けに起きたツノをとる密猟者のことと関係あるのかな?隣と左下はアヤソフィア。首が痛くなるぐらい360度視点を巡らせるのがデフォルト。最後は私の大好きなディカフェのジャスミンティー!パッケージが新しくなって戻ってきた!今度は私の好きなピンク!)

FullSizeRender.jpg


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告