ロンドンでカルチャースリップ

私たちの生活って、新月や満月があってありがたいですよね〜!
今回の新月は、魚座ということでカルマやトラウマの解消にも向いてるみたいな記事をみました。
私は先日のポスト、ジャッジメントに関連して、リリースできるいろんなキーワードが見つかりました。このタイミングでエネルギーのデトックスができるのは嬉しい。

さて、来月大阪でさせていただくワークショップの準備をしています。
それで願いを込める結び方を研究していました。結び目は英語でknotと言います。ノット。
イギリスだと断然有名なのが、ケルティックノットです。
ケルティックとは、ケルト語を話す人たちの文化や言葉を指します。ヨーロッパの広いエリアに住んでいたようですが、今のイギリスなら、コーンウォール、ウェールズ、北アイルランド、スコットランド辺りにたくさん暮らしていたようです。
特にアイルランドやスコットランドへ行くと、ケルティックノットがモチーフの石碑やデコレーションをたくさん見ることができます。イギリスへ来て初めて行った旅行がアイルランドだった私は、そこで初めてケルティックデザインを見て、ただならぬパワーを感じたのでした。大好き!
そんなわけで、いつも物作りをする時はいろんな時代、文化からアイデアをお借りしています。

いろいろな文化や時代というと、私がお世話になっているローカルなサロンのオーナーがエジプト出身らしく、エジプトで昔から使われているというシュガーワックスという脱毛に使うワックスを教えてくれました。とても甘い香りのするそのワックス、色はこげ茶ですが質感はまるでスライムみたいな感じ。その匂いを嗅いだ瞬間、ピラミッドの壁やパピルスに描かれる古代のエジプト人を思い出しました。みんな青いシャドウで美しくてツルッとしてる感じの。

こんな風にデイリーに、いろんな時代や文化にトリップできるロンドンはやっぱり最高〜!

(とても不気味で異様な存在感を放っていた像。ヴィクトリア&アルバート博物館から。特に白い魚みたいなやつ、不思議すぎて目が釘付け。)

Screen Shot 2017-02-27 at 07.38.49.png


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告