毎日をもっとリアルに楽しむために

今日もシェアしたいツイートが。

可愛すぎる!一緒にお風呂に入りたがるワンコなんて、最高!
しかも湯船に浸かるワンコのリラックスした表情。可愛い。ハート、奪われました。

クラシックですけれど、読書にはまってます、今!
(このクラシックっていう表現、すごく英語です。It’s classicって言って、ありきたりだけど〜とか、定番だけどさ〜みたいな風に使います。)

本当の本を開いたと同時に閉じた本もあります。
それはフェイスブックです。

試しにアプリを携帯から消したら、とても平和になりました。

そして何よりも毎日が充実し始めました。

フェイスブックってとにかく時間を取られちゃうんです。
列車を待つ時、レジで並んでる時。
気がついたらFのマークをチェックしてしまってて…。
それだけじゃない、ポストをあげる時にいちいち自意識過剰になってしまう。
気になってなかった何かが、気になり始める。

毎日みんなが上げてくれる、面白いニュースや情報も魅力でした。
でも、それを軽く読んだりしてるうちに1時間なんてあっという間。

SNS全般って、楽しくなかったらやってる意味がないと思います。
私にとってツイッターやインスタ、ピンタレストはとても楽しい。
それはきっと、私自身が参加の度合いをコントロールしやすいのです。
けれど、フェイスブックにはいろんな意味で乗っ取られてた!

もちろんFBだけじゃなく、SNS全般に疲れたら一度試しにアプリを消すのをオススメします。

私は消した瞬間から、リアルな自分、リアルな世界とのコネクションが再開しました。

それと前後して、まだまだフィルムカメラが優勢で、現像ショップもたくさんあった頃に行った旅行の写真を見てたんですね、私。

その頃、LCCも始まって、ちょこちょこいろ〜んなところに行きましたが、中でもヴェニスにビエンナーレを見に初めて一人で旅をした時のことが鮮烈なんです。
すご〜く楽しかったの。
当時住んでたポーツマスの家にはワイファイなんてなくて、図書館のパソコンでLCCの予約もした気がします。ホテルはどうやってとったんだっけ?きっとメールだな。ブッキングサイトもなかったし。
詳しいことは覚えてないけれど、本一冊と、ノートかなんかに、最小限の着替えだけ持って行った気がします。
もちろんスマホもないから紙の地図を見ながら歩いて。
でも全然大丈夫だった。

もちろん、今、スマホをわざわざ置いて旅に出ようとは思わないけれど、私にとっていろんな意味で大きかったFマークのアプリを消したら、ざわざわが一気に消沈しました。先日のオックスフォードは、そのモードで行きました。
するとね、自分のために旅してるっていう感覚がすご〜くしたんです。
そう、自分のためにっていうところ。これが私の場合、FBっていうウィンドウが大きく開いていた頃は無理でした。いろいろ気にしちゃって。

より自由に、より自分らしく、より緩く。

(これはローカルのカフェ。ほとんどの人がパソコンや本に頭を突っ込んでるカフェです。ここはなんとなくコミュニティフィーリングがあるから、パソコンとか荷物置いたままでみんなトイレに行っちゃう。そんなカフェです。BGMの音が大きいのが玉に瑕。)

screen-shot-2017-02-15-at-23-19-24


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告