続けるために必要なこと

今日は大好きな奈良美智さんのツイートから。

寝る!とか思ったけど、眠くはない。少し休んで、また画面に向かおう。ダメな時はダメな絵を完成させよう。良いのだけ描こうとか思ってる自分がバカだった。

— yoshitomo nara (@michinara3) February 6, 2017

かっこいいこと言ってくれちゃうなぁ〜。

「良いのだけ描こうとか思ってる自分がバカだった。」

ダメな時はダメな絵を仕上げる。
ちょっと休憩してまた向き合う。
毎回良い絵ばかりじゃない。それもあり。

ヒーリングというか、癒しについても同じことが言えます。
どういうことかというと、内なる旅を始めた人は、あまりの闇の深さに「うっ」とたじろぐこともあります
そこで「タラリーン(ベートベンの運命🎶)」と滅入ってしまう人もいれば、そこでエンジンがかかってその闇を一掃してやろうと一念発起する人もいると思います。

私のお勧めするスタンスは、滅菌するみたいに闇を消毒しようとしない、です。
もちろん、取り除くべき闇もあります。それらについては、もちろん取り除きます。
ただ、それ以外の闇の部分には、光(気づき)をあてるだけで良いのです。

そうすれば、選択の余地が生まれますから。

闇はそれ(選択ができること)のリマインダー(思い出させるための装置)です。

(以前もご紹介したことがあります。私の好きなチューリップ階段。可憐で可愛らしいデザインです。メインのお部屋とかは割と質実剛健な感じなのに、この階段は可憐です。グリニッジのクイーンズハウスにあります。今、私が寝る間も惜しんで読んでる小説に1590年のロンドンが出てきて、ちょっとエリザベス朝のというか、あの時代のポートレートを探しにナショナルポートレートギャラリーに行きたい!ちなみにクイーンズハウスは1661年からです。)

Screen Shot 2017-02-06 at 18.42.49.png


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告

続けるために必要なこと」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: リスク | Witch's Monologue·

コメントは受け付けていません。