無意識の深さ

無意識でいることってゾクッとするくらい怖いです。

例えば、知らないうちに癖になってることって、意外と多いですよね?
もちろん、数ある癖の中にはあまり害のない癖から、人生を左右するぐらい大きな癖まで、いろいろあります。

例えばこれ。私にはずーっと遠回りする癖がありました。

例えば旅行や普段の待ち合わせの時に、あなたは最短距離で行くタイプですか?
私は結構、いろんな理由をつけて遠回りしていくタイプでした。

ところが、(大阪出身というだけじゃないけれど)実はとてもせっかちな私。
なんでも「すぐにほしい」タイプです。
ー今、食べたい。
ー今、行きたい。
ー今、見たい。

そんな感じ。まるでコドモ。
そして、その「今」っていう瞬間が過ぎるのも速い!!
その「今」が過ぎると、もう食べたくない、もう行きたくない、もう見たくないに変わってしまう。

オイッ!でしょう?本当に。笑

そんな私が遠回りをする理由はなんだったのでしょうか?

ま、原因はいろいろありましたよね、もちろん。

もう、ほとんど忘却の彼方ですが、思い出せる原因の一つは、中学のころ、通学のバスでいつも私につきまとう男性がいて、嫌だった私が通学路を変えたことです。
でも、その時は問題解決の手段として仕方なくやったことが、後々癖になって残ってたとは…。

ゲッ!ですよね。

時が経って、その問題は当然私の視界から無くなったわけですが、はてさて、困った癖が残りました。それは遠回りすることを「厭わない」という癖です。

いかがですか?ゾクッ!としません?ゲゲゲですよ。
もちろん、防衛手段ですから必要だったんですよ。
ただ、ハートの壁同様、必要に応じて自動で作られるけれど、お役御免になったからといって自動で消滅しないわけです。ずっと残る。(ハートの壁についてはこちらに詳しく書いてます。)

例えば遠回りすることを厭わないという癖は、現実的に移動する時に時間を浪費するだけじゃなく、例えば目的や目標にアプローチする時にも妨げになります。結果として、欲しいものを我慢しちゃうわけですよ。遠ざける。ドキッとしましたか?

でも、一旦原因がわかれば、「私バカよね〜」っていう自己嫌悪は必要ありません。
というのも、原因は周りからピックアップしていたり、今世に原因がない時もありますから。
大切なのは、癖の正体と、それがどう現実に作用していたかということだけ。
癖の正体さえわかれば後は根本的な原因をリリースすればいいだけです。
楽勝〜♬♪🎶

(私は、どちらかというと犬派なんですけど猫のゆるさは魅力的です。大好きな小説を思いっきり読んでた日曜の午後の私の顔です。)

screen-shot-2017-02-05-at-21-59-00


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中