リポストの楽しみ

昨日からインスタグラムのお気に入りを簡単にできるリポスティングアプリを使ってます。
楽しいですね!
私は情報をシェアするのが好きです。情報そのものもそうですけど、「うわ!これ面白い!」と思ったそのエネルギーをシェアしたいのです。もちろん、全ての人が同じように思うわけではありません。

気前よく情報をシェアしすぎなのでは?とご指摘をいただいたこともありますが、あまり心配していません。
というのも、私には明確なスタンスがあるからです。

一つは、情報は情報で誰の所有物でもないということ。どんな情報も隠そうとしても、自ずと広がります。言い方を変えると、「必要な情報は必ず入ってくる」のです。
ただ、オープンでないと、シェアしてあっても目もくれないっていう場合もあります。私も、たまに古いスレッドから「おお!」と思わぬ宝石を見つけ出すことがあります。これはこれで掘り出し物気分で楽しいですけれど。

そしてもう一つ、これが重要なのですけれど、それをどう使うかはその人次第だということです。
どんな情報、テクニック、ツールも、私にしか使えない使い方、私だけの使い道というのがあるのです。


先週はフェイスブックを使うのを控えてみました。
携帯やiPadからもアプリを消去したら、どれだけ自分が無意識にFのアイコンをタップしていたか、わかりました。。まだアカウントはありますが、メッセンジャー以外使っていません。

とても平和です。

理由はシンプル。情報過多すぎてしんどくなっちゃったから。

ここでいう情報とは、ニュースや美味しいおかずのレシピなどにみるインフォメーションだけじゃなく、それぞれに紐づくたくさんの感情や思考のエネルギーも含まれます。

でも元々は、その情報に魅せられてやり始めたことだったんですよね!

次第にネットワークが広がり、いろんなグループにも入り、いろんなページに良いねしてるうち、
フェイスブックという一見、パソコンの画面上で起きるやりとりを傍観しているつもりだったのに、巻き込まれていました。いろんなエネルギー(情報)をピックアップしてしまって、目でみる以上の情報(エネルギー)に疲弊してしまったのです。

ウェブサイトとは本当によく言ったものです。
ウェブってwebですよね。
蜘蛛の巣ってspider’s webじゃないですか?
フェイスブックのフィードは、本当に(いろんなエネルギーが)web状になってます。

蜘蛛の巣だって、雨上がりとかに水滴を受けてキラキラ光っている様子はとても「美しいね〜」とかいって命の素晴らしさを楽しめますが、一度自分が絡まってしまうと、ただの煩わしい存在になってしまいます。

フェイスブックをやめることで、新たに生まれたスペースが気に入っているので、当分このままで行こうと思いま〜す🌈

(オランダのアムステルダムから。自転車に乗りたい〜!こういうママチャリタイプの自転車をダッチバイクと言います。ダッチはDutchでオランダのってことですね。そんなことを思っていたら、スローランニング中に近所でショッパーバイクという車輪の小さいママチャリみたいなのが「持って言ってね」と道端に他の家具とかと一緒に出されていました。うー、自転車復活なのかしら?!)

screen-shot-2017-02-05-at-09-30-20

2年ぶりにEtsyに作品を出し、フラッシュセールを昨日までやってみましたが、全く売れなかった!
ですが、お気に入りに追加してくださった方やお店をフォローしてくださった方はいらっしゃいました。どうもありがとうございます。🌈
9つのペンダントが早く持ち主さんたちと会えますように。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

広告