ベッドの下のモンスター、またはタンスの中のオバケ

ここ最近ずっと、これまでやろうと思ってやってこなかったこと

意識してやっています。

車の運転の練習然り、ペンザンスや北アイルランドへの旅だってそう。

そのシリーズ(笑)の一環として、

先日、フリーメイソンのグランドロッジへ見学に行ってきました。

ロンドンにあるグランドロッジは、一般公開されてます。

日に数回行われる無料のツアーに参加してきました💛

感想は、行って良かった〜!

めちゃくちゃ面白かったのですよ!!
Screen Shot 2016-08-02 at 20.26.29

私のフリーメイソンに関する知識ってすご〜く一般的。(笑)

でも見学しに行くほど、知りたかったわけでもない感じ。

こんな不思議なツアーに参加する人どれ位いるのかな?

と思っていたら!観光客やイギリスの方に混じって、

他の国のメイソンも見学にきてらっしゃいました。

へえ〜!みんな、結構興味があるんだ!とびっくり。

ここで、かなりの固定概念が取れました。

(ブログの最後に他の写真も少しあります。)

🌺 🌺 🌺 🌺 🌺

ところで子どもの頃、夜になるとタンスの中やベッドの下に

「何かいるんじゃないか?」と思ったことはありませんか?

それとか、お風呂で目を閉じてシャンプーしてる時とかに、

「後ろに誰かいるんじゃ…」みたいな恐怖感。

そうやって無意識にそこに意識を向けているうちに

どんどんその実態のない何かに対する恐怖心だけ膨らんでいく…。

恐怖心だけじゃなくて、「面倒だ」とか、「嫌だ」とか、

いざ飛び込んでみると、「あ、全然オッケーだった!」っていうタイプのもの。

そういうものって、人生の中に結構ありませんか?

これって制限そのものなんですよねぇ。

私のシリーズ「今までやってこなかったことに敢えてチャレンジしよう」は、

とにかく毎回めちゃくちゃ「はぁ〜、来て・やってよかったぁ💛」と、

超楽しいのがポイントですけど、

オマケとして、「ベッドの下にオバケはいませんよ〜」、

「タンスの中に何もいませんよ〜」ってことを身を以て知ることができます。(笑)

ロンドンのグランドロッジフリーツアー参加は、

私にとってそんな制限の一つでした。

とにかく印象的だったのは、超美しくてモダンなトイレ✨✨✨と、

面白いメイソニックのガイドさん。(笑)

グランドホールに敷かれていた、

黒と白のチェッカースタイルのタイル模様の絨毯を指して、

フリーメイソンの世界はたくさんのシンボルで溢れているとガイドさん。

他にも興味深いことをいろいろ話してくれました。

最後のグランドホールでのQ&Aの時間も含めると、

たっぷり1時間ぐらいはあるツアーでした。

 

それにしても百聞は一見に如かずだわ〜。

例えば怖い怖いと思っていると、余計に怖さ(制限)が増します。

今回、ずーっと「得体の知れない<知れない<知れない!」と思っていたところを、

実際に訪れたことで、私のベッドの下のモンスター(制限)も、

ひゅるるるるぅ〜!としぼんでいきました。(笑)

モンスターよ、サイナラッ!👋👋👋

まだまだある、フリーメイソンのグランドロッジでの写真や

その他のエピソードはまた別の機会に。

メールマガジンにも載せますね〜。

 

(無料メールマガジンお申し込みまだの方はこちらからできますよ〜!)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジモモ ロンドン


(写真は左上から時計回りに、とても美しくてモダンなトイレ、ここへ見学へ来て真っ先にトイレの写真を撮る人って珍しいと思う。そして美しい天井。図書館に展示されているメイソニックなアイテム。グランドホールの白黒の絨毯にもメッセージがありました。)

Screen Shot 2016-08-02 at 20.38.41

Save

広告