大好きなグラストンベリーアビー

先週末はグラストンベリーでした。

グラストンベリーで新月を迎え、それからいろんな面白い展開が早くもありました。

今回のグラストンベリーの旅と前後して、私の中に響いていたメッセージがあります。

それは、There is enough for everyoneというもの。全てはみんなに十分あるよっていうメッセージ。人も多く競争も激しいロンドンで生活していると、一日何十回とこのメッセージが響いてきます。私にとって、グラストンベリーやメキシコで体験した豊かさを、ロンドンで体験し続けるのはある意味、修行。毎日がレッスンです。(笑)

さて、前回はここ、グラストンベリーアビーのエネルギーにピタッとリンクした私。今回はチャリスウェルが私の必要としていたエネルギーを与えてくれましたが、やはりやはりと〜ってもパワフルな場所なのがこのアビーです。

アビーを散策

アビーを散策

 

私にとっては絶対外せないというほど素晴らしい場所。破壊されていなければ、イギリス最大と言われる規模です。

曇りでも絵になる場所

曇りでも絵になる場所

ここにはアーサー王伝説があります。

アーサー王の伝説が残っているのは、ここだけではありません。

でも、どの伝説も人間離れしているので、

全部本当でどれが正しいとか本物っていう範疇の外へ出ると楽しみが増えます!

ここの伝説はこんな感じ。

昔々修道僧が夢のお告げに従いレディチャペルの側を掘ると棺が二つ見つかりました。

一つは女性、もう一つは男性。

IMG_8600

女性は美しいブロンドの髪が残っていたそうですが、空気に触れた瞬間無くなったそうです。

映画みたいですね!

IMG_8605

晴れたり曇ったりの日だったので、両方楽しむことができました!

男性は2メートルはありそうな大きな骨格で、

身体は闘いによる傷だらけで戦士だということが分かったそうです。

骸骨の目の部分が大人の手のひらサイズの大きさがあったという言い伝えが残っているのです。

これってやっぱり…地球人じゃなかったんじゃない?って思いました。

太陽を追いかける私…。

太陽を追いかける私…。

それはそれとして、面白いエピソードも残ってます。

当時のグラストンベリー修道院の財政状況からも、

これらの棺がアーサー王とグネヴィア妃のものであったら

巡礼者も寄付金も増えるということで、

わざわざメインの祭壇近くに手厚く埋葬し直されたんですって。

なんか、イギリスっぽいなぁこういうところ…。

アーサー王の墓として立派な大理石の棺で埋葬し直され、修道院のメインの祭壇に設置されていたそうです。

アーサー王の墓として立派な大理石の棺で埋葬し直され、修道院のメインの祭壇に設置されていたそうです。

今回はそんなことに思いを馳せつつ、サクソンレディ(ツアーガイドさん)と

修道院長の私用キッチンでは、

パイのケースを使い回していたエピソードや

当時の最先端だったらしい空調システムなんかも見学してとても楽しいツアーとなりました。

サクソンレディとTちゃん

サクソンレディとTちゃん

また、アビーでは夏限定で屋外カフェもやってます。そこでいただくクリームティは最高。

ジャムの蓋にはユーモアの利いたメッセージが

私の拳より大きいサイズのスコーンにクロテッドクリームとジャムを載せていただく。そして、ジャムの蓋にはユーモアの利いたメッセージが…。

 

TちゃんはこのLove&Peaceなグラストンベリーアビーでハートの壁を取りました!

 


ホリスティック医療 ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

 

広告