ちょっと寄り道、ロンドンカレッジオブサイキックスタディーズ

イギリスって伝統やしきたりもがっちりありながら、いろんなところで懐の深さを感じます〜。

20代の私がイギリスを選んだのは、正にそんな部分に「自分の居場所」を求めていたからかなぁと思うこの頃…。

このロンドンカレッジオブサイキックは、そんな私の途中下車駅の一つだったのかも~と最近思うようになりました。

この話は、色んな方が興味を持って下さったのでこちらでも紹介することにしました。

エモーションコードの認定を受けた2013年の冬、私はこのままボディーコードに進むべきかどうか迷っていました。理由は、ボディーコードが万能だからです…って書くと「え?」っていう感じがしますよね?でも、最初は万能であるがゆえに「何か、つまらない」気がしちゃったんですよねぇ…。
ただ、基本的に迷う時はとことん迷った方が良いので、色々試すことにしました。

他にも何か自分に合ったメソッドがあるかもしれない…。

キーワードとして浮かび上がったのが、瞑想直感。瞑想なんて、小学生のころに座禅の活動をした時以来…。何かないかなぁと検索するうちに出てきたのがこのカレッジでした。

ここは元々「世の中に超常現象なんてあるわけがな~い!」という懐疑主義たちの考えの元、それ(有り得ないということ)を証明するべく作られた研究所だったそうです。

非常にイギリスっぽいです。

「Ghost Hunters」というフィクションはここら辺のことが書かれていて面白いのでお薦めです。Neil Sprinというイギリスの作家ですが、日本語に翻訳されていると思います。

私が最初に取ったクラスの参加者は、もうちょっと自分の直感とコネクトしたいという思いがある人たちでした。

色んなワークショップを開催しててすご〜くおもしろい場所です。いわゆる降霊会のようなイベントから、守護天使や動物を見つけるワークショップ、タロット関係、シャーマン養成講座から、星座のレクチャーまで色々やっています。先生たちもみなさん個性的で面白い方ばかり。そして、こういう場所で出会うのは、電車やバスで隣や向かいに座っているあなたや私のような人ばかりです。

私はこうやって寄り道?したからこそ(それはシャスタへ行ったころでもありますが)「やっぱりボディーコードだ!」と決心できたのです。

在メキシコの友人とFBでチャットしてて、曇ってるけど元気だよ〜と言うと、え?何で?何で曇ってるケド元気なの??と聞かれました。イギリスだからだよ〜ん。

メキシコの友人とFBでチャットしてて、曇ってるけど元気だよ〜と言うと、え?何で?何で曇ってるケド元気なの??と聞かれました。イギリスだからだよ〜んて答えときました。ま、晴れる時もある。



ホリスティック医療 ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

Save

広告

ちょっと寄り道、ロンドンカレッジオブサイキックスタディーズ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 面白い体験 | Kaeko's London Small Talk·

  2. ピンバック: 優しいとりなし | 楽しくなるしくみ·

コメントは受け付けていません。