初めてのお使い in ロサリート

初の週末、スーパーへ行くのが最大にして最強のテーマ。何しろ、ぷらっと歩けるような造りの町ではないこのロサリートでは、乗り合いバスが公共の交通機関。その乗り合いバスは、非常にアバウトでバス停は特に無く、手を挙げて止めて降りる時は主張するという「内気ではやってられない」乗り物。

これが乗り合いバスですよ〜

これが乗り合いバスですよ〜

うえ〜ん…とうなりつつもちょっと半笑の私です。乗りこなせるようになりたい!

センターの中でオフィスが近いロサリート出身の「星の先生」に、バスのロジックを教えてもらいました。Googleストリートビューを使って私のコンドミニアムから一番近いスーパーマーケットを探してくれ、心配性の私が「ここからここまでは何分ですか?」とか「降りる時はどうやって?」なんていう質問に細かく答えてもらいました。星の先生は「全然大丈夫だよ!」と言っていましたがどうなることやら…。

「星」の先生が書いてくれたメモ。ありがたや〜

「星」の先生が書いてくれたメモ。ありがたや〜

何しろ、コンドミニアムの住所すら知らない私。まずGoogleストリートビューで現在地を探し、ランドマークである、ロサリートビーチホテルを探す。次に本日の目玉であるスーパー、Smart & Finalを探すと、全行程約5キロの道のり。全然歩けるじゃないかと思いながらも、歩行者フレンドリーな造りではないのでバスを待つ。

このガイコツファミリー、ほしい!

このガイコツファミリー、ほしい!

私が気をつけないといけないのは、道路が反対側であるということ。日本育ちでイギリスでしか暮らしたことのない私は、いつも右を見て左を見る。まず左を見てから右に矯正しなくちゃ…と思いながら道を渡ってバスを待つ。視力の良い私、遠くからでもバスが見えるので、かなり前から手を挙げて「ワタシ、乗ります!」の合図を出すと止まってくれた!!(←当たり前)「え、英語でも良い?」と言えば笑われた。行き先は英語に訳せないんだから同じだろ?みたいな感じ。ロサリートビーチホテルまでは12ペソ、1ドルしないぐらい。

ホテルの回りはツーリストのお土産物屋さんで一杯。でも明らかにお店の数の方がツーリストより多い。可愛いけれど、今回のお引っ越しで「安易に何も買わない」つもりなので冷やかすのみ。でも皆声の掛け方が大人しい。スペインのグラナダでアルバイシンを歩いていると、ありとあらゆる形で声をかけられる。それに比べたら、もう全然気にならない。かえって「買わないのにごめんね…」という気持ちになるくらい。

閑散としてるけど、ツーリストはちらほらいるんですよ〜

閑散としてるけど、ツーリストはちらほらいるんですよ〜

そこから歩いてスーパーへ。全てがビッグなサイズなので困るわ〜とか言いながらマンゴーを買い、食器洗い機の洗剤も買いました。ロンドン暮らしの癖でエコバッグを持ち歩いてる私、でもレジでは素早く袋に入れてくれるので、ついついそのままになってしまいました。こっちは、私の住むコンドミニアムでもリサイクルしてないし、スーパーの袋もガンガン使う。

なるほど、醤油は大人気だ。

なるほど、醤油は大人気だ。

散歩がてらまたツーリストの多いお店のたくさんあるエリアをあるいていると、あることに気が付きました。それは…。マクドナルドもスターバックスも無いということ。セブンイレブンはあるけれど、マクドナルドもスターバックスもないなんて!ま、そこら中でタコスが一杯売ってるから必要ないんでしょうけど、びっくり。久しぶりにそんな場所へ来た気がする。

メインの通りから一本海側へ行くともうこんな感じ。

メインの通りから一本海側へ行くともうこんな感じ。

帰りも無事に乗り合いバスを止めることができた…けれど、ドアを開けると定員。なのにみんな詰めてくれる。普通なら3人がけの席に私が乗れるスペース(私のお尻半分ぐらい)を作ってくれたので乗り込み、コンドミニアムまで帰ってきました。これで片道12ペソなんて、便利すぎる!

Save


ホリスティック医療 ブログランキングへ


海外永住 ブログランキングへ

広告