今週から、ロサリート

日曜日に無事、メキシコはロサリートに到着しました!

アパートメントのプール。まだちょっと寒くて入る人はいませんが…。

アパートメントのプール。まだちょっと寒くて入る人はいませんが…。

滞在するアパートメントが海のすぐ側にあって、スバラシイ。私は、滞在先の医療センター担当者の意見に従い、アメリカのサンディエゴまで飛んでそこからセンターの車にピックアップしていただきました。(アメリカの空港で入国審査に苦労した話はこちらに書いてます…。笑)

サンディエゴからメキシコ側へ入る時には、な〜んのチェックもなくてあっけないのですが、ゲートを入ってすぐのところに大きな大きなメキシコの国旗が風になびいてて、かなり印象的でした。疲れてて写真どころじゃなかったけれど…。

毎日、こうして海を眺められるって何て贅沢なんでしょ!

毎日、こうして海を眺められるって何て贅沢なんでしょ!

とにかく、初日は海の音が大きくて「寝られるかな?」と心配をしたけれど、すごくぐっすり眠れました。この頃は波の音も気にならない。ロサリートはティファナにある海辺の町。ほのぼのとしています。ローカルの人は目がキラキラしてる人が多い…と思う。毎日往復するアパートと医療センター間は、ロンドンだったらあっさり歩ける距離なのですが、そこは車社会、そうはいきません。最初の三日間は担当の先生に乗せてもらいましたが、水曜の帰りからはセンターのシャトルバスに乗りました。

運転担当の方がまた目がキラッキラの方で、スペイン語しか話せず、私にあろうことか「スペイン語できる?」と聞いてくれたので、カタコトのスペイン語で会話をすると喜んでくれました。ありがとう〜!フレンドリーで親分肌な「何かあったらアタシ/オレに言いな」的な方や、フラフラ〜と彷徨う私にいつも「大丈夫?」と声をかけて下さる方、通る度に「オラ〜♡」と声をかけてくれる人…。後、ご飯も美味しいんだよね〜っていつも写真撮り忘れるけれど。

ねっとりしない爽やかな優しさがハートにしみわたります。今朝も、蚊の総攻撃で顔がお岩さん化してきた私が、「それにしても蚊が多いですよね〜。家にいる時はずっと蚊をこうやって(手をパチパチさせて)殺してます…💢」と言うと、笑いながら「アハハ、拍手してるみたいだよね!このセンターにオーガニックの虫除けスプレー売ってるよ。すごい効くから試してみて。」と教えてくれたのでショップへ行くと、「アナタ、二ヶ月いるんだったわよね?じゃ、大きい方買っといた方がいいわよ!」と…。あ、ありがたい!

というわけで、中々楽しくやっておりま〜す。

 

広告