平和なチャリスウェル

グラストンベリーにある有名な湧き水チャリスウェルは、ジョンレノンも訪れたという場所。

ロマンチックなデザインのウェル

ロマンチックなデザインのウェル

ここはピースガーデンとも呼ばれていて、ローカルな人々は年間パスを持っているらしく、ガーデン内のあちこちに配置されたベンチに座っている旅行者っぽくない人もたくさんいる。

滞在していたB&Bのオーナーたちも年間パスを持っているとのこと。

うらやましい!

チャリスウェル

チャリスウェル

それにしても、さすがピースガーデンというだけあって本当に平和。
とても穏やか。

ウェルから西(かな?)に小高い丘を上がったところにあるゆりかご風のベンチに座ると、トーがキレイに見える。
アビーもそうだったけれど、このガーデンもずーっと座ってしまいそうなくらい平和。

ベンチから見えるのはこ〜んな景色♡

ベンチから見えるのはこ〜んな景色♡

ジョン レノンがイマジンを書きたくなった気持ちがわかるわぁ〜と思いながら座って、
アイビーの絡まる塀の前で座っていると、Green Manのことを思い出した。

グリーンマンとは、グラストンベリーでよく見かける、B&Bの部屋にも飾ってあった緑の中に浮かび 上がる男性の顔のこと。建築に使われる装飾で、rebirth=再生を意味するそう。

春にまた新しい命が芽吹く、そんな自然のサイクルを意味しているグリーンマン。

赤いのは鉄分が豊富に含まれているから

赤いのは鉄分が豊富に含まれているから

ここの水、ちょっと鉄分が多いので「ごくごく飲む」のにはちょっと好き嫌いがある。

またおいで〜って言われた気がしました(笑)

またおいで〜って言われた気がしました(笑)

イギリス・ロンで受けるボディーコード(エモーションコード)の対面セッション

 

私が時折セッションをさせていただくメキシコのサノビブ医療センターでも正式に採用されているエネルギーヒーリング、エモーション&ボディーコードを使ったセッションでは、あなたがずーっと握りしめて来た未消化の囚われた感情をあなたの心と身体から解き放ちます。

 

私たちは人生の中で、体験したいことや手に入れたいものがあります。それらは私たちを素晴らしい気分にさせてくれます。

 

しかし、それらが簡単に手に入らないのはなぜでしょうか?

 

それは本来ならば、あなたを幸せにしてくれるはずのものに対して負の感情もあるからです。

 

私たちは誰かや何かを、遠ざけながら求めることはできません。
あなたが求めるものが手に入らない時は、それらを同時に遠ざけてもいるのです。そのあなたをあなたが求めるものから遠ざけるのは、そこにある負の感情です。

 

セッションでは、そられの負の感情を見つけ出し、あなたがこれから選択することやこれまでに選択してきたことに気づきをもたらします。そしてこれまでは視野に入ることがなかった新たな選択肢に気づき、それらを選択し、思い描く理想の現実をクリエイトしていけるようになるのです。

 

ボディーコードについてはこちらから>>>>

 

ご予約・お問い合わせはこちらから>>>>

 

もちろん、イギリス国内そして海外からもスカイプセッションが受けられます。

 

スカイプ(ラインも可)も、「ピラミッド」ヒーリングスペースからお届けします。

 

ご予約は上記リンク先より。

 



 

イギリス、ロンドンで日本語で受けられるアクセスバーズ講座

 

開講日・詳細はこちらから>>>>>
新しい日程追加しました!(リクエストも大歓迎です。)

 

こんな経験したことありませんか?

 

すごく良いトリートメントだとかセッションを受けた時、
「うわぁ!これ皆に教えてあげようっと!」

 

私たちは、自分自身が何か素晴らしい体験をすると、それを大切な人たちと分かち合いたいと感じます。

 

その根源にあるのは愛、これはとても自然なことです。

 

あなたがもしアクセスバーズを体験してそんな風に感じたなら、このクラスを受けてみませんか?

バーズに限らず、他のヒーリングでも構いません。
普通、ヒーリングツールというのは取得が大変そうに感じられるもの。

 

でもアクセスバーズの場合は、約8時間の講習を受ければ、とてもパワフルなこのツールをあなたもマスターできます。
ヒーラーやセラピストである必要はありません。これまでにヒーリングをやったことが無くても、丁寧にお教えします。

 

もちろん、既にヒーラーやセラピストとして活動をしている場合は、バーズを新たにあなたのレパートリーに加えることもできます。

 

詳細やお申し込みはこちらから>>>>>

 

 




 


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

 


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ジモモ ロンドン

広告