Dr.ネルソンに会いにマドリッドへ

やっぱりプラクティショナーとしては感激です!

というわけでエモーションコードのセミナーを受けてきました。

朝9時から夕方の7時までみっちりセミナーを受けた後は、みんなそれぞれオープンな気持ちになっていたようでした。

会場のホテルは街の西側。

繁華街にステイしてた私は地下鉄で行くことにしました。

マドリッドの地下鉄はのんびりしてるから好きだけど、スピードものんびり。

ロンドナーにはそう感じます。

オンラインで調べると20分強。

じゃ、駅から歩いて7分のところだから1時間見ておけば楽勝でしょう!

のはずだったのですが…。

駅からの道で迷ってしまい…迷うはずのない一本道なのに、遅刻してしまいました!

道を尋ねたくても、土曜の朝9時なんて…誰も歩いてない。

参った、参った、どうする、どうする私?!と思いながらも

ずんずん間違った方角へ歩いて行ったわけですが、

バンから配達する荷物をおろしているおじさんを発見。

捕まえた!と、カタツムリ速度のスペイン語で道を聞いてみました。

ところでスペインの人って面白いなと思うのが、

例えどんなにマズいスペイン語で喋っても驚かずフツーに応対してくれちゃうところ。

このおじさんもそうでした。車を閉めて近くの通りまで一緒に歩いて、

「まっすぐ行って左、それから右…」と教えてくれました。

おかげで10分遅刻したに留まりました。

私、こんな風に遅刻するタイプじゃ無かったのになぁ…。笑。

緩んでて、いい感じ!

会場ではすでに囚われた感情をリリースするデモをDr.ネルソンがやってて、

みんなに「これは先祖から受け継いだ感情だから何回やったらいいの?」

と呼びかけていました。

「ディエス!(10回)」と答える参加者。

同時通訳の方がヘッドセットを付けて細かく細かく通訳するのだけど、

途中参加者からダメだしが入るのが面白かった。

「〇〇っていう感情はどっちかって言うと(スペイン語では)△△じゃない?」

と誰かが言うとまた誰かが「いや、それは…」と意見を述べる。

一緒にクリエイトしてて楽しいですね!

一番後ろから。写真は自由にお撮りください、でしたが、録音・録画はだめですとのことでした。

一番後ろから。写真は自由にお撮りください、でしたが、録音・録画はだめですとのことでした。

そして、近くの人とお互いに囚われた感情をリリースしてみようということになりました。

Dr.ネルソンが「今抱えている問題、身体の痛みでも何でもいいからそれを書いてみて。

それとその問題の度合いを0から10の数字で表して、

それについてお互いにリリースしてみて」と。

意外と寒かったマドリッド。

意外と寒かったマドリッド。

セミナーで知り合ったスペイン語を話す人々との面白エピソードは次回に…。

Save


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ロンドン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

Save

広告