11月のマドリッド

さて、マドリッドから戻って参りましたよ〜。案の定、海外へ出たという自覚が無いまま、行って帰って来た感じ。やっぱりヨーロッパですごい近い!しかも、最近はオンラインでチェックインして携帯にボーディングパスを送れちゃうからもう…。今回はバッグだけで行ったので荷物を預ける為にすら並ばなくて良いという。

 

そう、これで飛べちゃうんだから…すごいよねぇ。

そう、これで飛べちゃうんだから…すごいよねぇ。

今回はエモーションコードのセミナーに参加するためだったのだけど、やっぱりちょっとぐらいは観光したいなって思って日曜の夕方の飛行機で帰ることにしていたのです。到着した金曜の夜も実は駆け込みでソフィア王妃芸術センターにゲルニカを観に行く気満々でした。でも空港のインフォで担当者に「…日曜行ったら?1時半からは入場無料だし」と言われ即決。「じゃ、ゆっくり予約してたオスタルまで行くか〜」と地下鉄へ。スペインの地下鉄ってポルトガルのそれと似てて、とても朗らか。4両ぐらいしかないし、パンパンに混み合わない。

空っき空き〜♪

空っき空き〜♪(朝)

ロンドンよりも圧倒的に人口密度が低いから快適な旅だし、パリみたいにスリもいない(と思うよ)からものすごーく当たり前に乗っていました。犯罪率とか低そうと勝手に思っていたのだけど、翌日行ったセミナーで会ったバルセロナ出身の人にドッキリなエピソードを聞ききましたのでまた後日紹介します。さて、二度乗り換えてセビーリャという駅へ。

ちょっと縁があるこの地名…。

ちょっと縁があるこの地名…。

そこからなぜかお得意の地図が読めず、無駄に右往左往して何とか辿り着いたオスタルでは、予約した部屋が無いとかでキッチン付きのアパートに泊まれることに!わーい。清潔で感じの良いオスタルは超おすすめだけど、スペイン語しか話せない。それでもオーナーらしきキューバ人のおじさんはゆっくり親切に話してくれます。オスタルオポルト(スペインなのになぜか…。)と言います。予約サイトから予約できるんじゃないかな。

ダブルの快適な部屋についてきたキッチン♡

ダブルの快適な部屋についてきたキッチン♡

日曜は最大のお目当てのゲルニカを観に向かいました。

王妃ソフィア芸術センター

王妃ソフィア芸術センター

早めに着きカフェで一服。よくスペインの人が「マドリッドは都会だからみんな早口だし…」とありきたりな「都会ってとこはよー」みたいなことを言うけれど、私は今回とっても親切にしてもらってすごくびっくり。

IMG_5602

このカフェもバーで注文。もちろんスペイン語で…。

ロンドンだとパブでもバーで永久に待たされる(要するに順番を飛ばされる)こともあるけれど、すぐにニコニコと「オラ〜」と注文を聞いてくれるわけ!小さく感動しながら1時半を待って入館。

すごく並ぶのかと思いきや、全然。拍子抜けするくらいに簡単に入れる。全員目指すものは同じらしく、50名ぐらいでゲルニカへ直行。(笑)これだけの絵をこれだけのグレーのグラデーションで描くってすごいなと思いました。この美術館は「さすがスペイン」というか、シュールレアリズムのコレクションもたくさんあってすごく面白い。私はこのマン・レイのメトロノームに雷が走りました。(思わず撮ってしまった、こっそり…。)

振り子の目が閉じたり開いたりする。可愛い作品。

振り子の目が閉じたり開いたりする。可愛い作品。

すごく平和でフレンドリーなマドリッド、また行けたら行きたい〜!

 

広告