私がフィンランドで買う食べ物

初めて、友人Kと一緒にフィンランドへ行った時のこと。私が鼻の穴を膨らませてハフハフ言いながらスーパーでライブレッドやらを買い込んでいるのを、不思議そうに見つめていた家族も最近行くと「こっちのパンの方がオススメよ」とか「マリメッコへ行くのはいついつで良い?」と助けてくれるようになりました。

絶対外せないのは、(例え脱・砂糖宣言をした後でも)ファッツェルのチョコレート。これはもう絶対に買ってしまう。

IMG_4793

なぜかゲイシャという不思議なネーミングのチョコはヘーゼルナッツ入り。下は新製品のビスケット版ゲイシャ。

そしてこの典型的なライ麦パン。これが美味しいの。

IMG_4789

薄くて2枚で一対になってるからサンドイッチにして食べても美味しい。


IMG_4790

何か絵本に出てきそうな、色鉛筆で描きたくなるようなデザインのパン。

今回はファッツェルのものにトライ。

次は、初めてトライした全粒粉系のもの。

IMG_4791

ライ麦じゃないから色は薄いしちょっと甘かった。


IMG_4792

楕円ではなく正円。

食べられない消耗品代表(笑)として、マリメッコで見つけてノート。どちらも前シーズンモノだったので半額。私は右のデザインシリーズが大好きだったので「まだあったか!!」と感激。

IMG_4794こんな風に、消耗品をメインにショッピングを楽しんだ私。それでも心残りが一つあって…。私はカレリヤパイが大好きで、冬なら迷わず買って帰るところを、今回は50年ぶり?かなんかの熱波inフィンランド。空港でも目にしたけれど、溶けてドロドロになりそうだったから諦めたわけです。カレリヤパイはそれこそ、Kと私が一緒のシェアハウスに他3名と住んでいたころに作ってくれた思い出の一品でもある。他のハウスメイトがホリデーでいない時、Kの友だちがフィンランドから遊びに来た時のこと。その友人Lとも今回再会。彼女ら二人で粉からこねて作ってくれたんだっけ。その時はゆで卵のサラダをのっけて食べたなぁ…。「こうするのだ!」と言われるままに。美味しかった〜♬

さ、また行かないと!


ホリスティック医療 ブログランキングへ


海外永住 ブログランキングへ

 

広告